FC2ブログ

国家の轍

政治、経済、外交、教育、文化といった国のあり方についてのあらゆる面での素朴な疑問を基に色々と探っていきます。

Attention!Attention!

旭日旗に注意

この画像が何を意味しているかに気づかれ、お使いになりたい方は本文最後に載せた文字列をご自由にフリーエリアにHTMLコードとして張り付けてご使用ください。

◆中国の行う民族浄化の悪夢!

私達日本人が、今、是非とも知らなければならない悲惨な現実!現在、ウイグルで何が行われているかを、証言を元に描いた漫画(5本)です。この中国共産党の狂った行動を知って、私達は是非とも自分に何ができるか考えなければなりません。そうでなければ、この民族浄化の暴挙を止めなかった、無責任な傍観者として長く歴史に名を残すことになってしまうのでしょう。私の身に起きたことweb用 右側に清水ともみさんのブログへのリンクを貼っておきました。閲覧には注意してご覧ください。 【2020年-現在進行形の歴史の真実】※※※※※※※※※※※※※※※※※ 国賓来日絶対反対ー4のコピー

◆注 意 喚 起 の 試 み◆

モドキタレント図

最新記事

プロフィール

Kaleidoscope

Author:Kaleidoscope
 私達は、日々のメディアの報道やTV番組などによって、本当に正しい情報を得て、正しい国家像を描けているのだろうか。そうした素朴な疑問から出発して、より真実に近い日本の姿を少しでも自分なりに探っていこうとするブログです。
 一気にたくさんの話を進めても情報量が多くて混乱してしまいますので、少しずつ足元から進めていきます。博識の方々から見れば稚拙かもしれませんが、気長に付き合っていただけると嬉しいです。

カテゴリ

過去の全記事を表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

まず、耳を見せろ!話はそれからだ。

どいつもこいつも、
この頃は、耳を隠した髪型をしてる!

アイドル見ても、モデル見ても、
インタビュー受ける街人見ても、

調子に乗ってしゃべってる奴や、
嘘くさくハシャイで騒いでる奴。

グダグダ文句を並べてる奴をよく見てみれば、
朝鮮耳のモドキな奴の割合が多かったりする。

それだけどこにでもいて、
それだけ積極的にマイクに向かう気満々な奴が多くて、

調子こいて恥知らずにもインタビューを受けたがり、

目立ちたがり、主張したがり、
とうとうとしゃべりまくる奴ら。

そんな意味でもTVを見てるのがつくづく嫌になる。

そんなのは、元々の日本人メンタリティーじゃない。

日本人は、そんなに目立ちたがりじゃないし、
インタビューを答えたがったり、
ベラベラ、とうとうとしゃべったりはしない。

もし日本人の中にそんなのがいたら、
はなから浮き上がってしまっていて、変な奴扱いさ。

違うかい?

それに、
中高生の頃からアイドルになろうとか、モデルになろうとか、
芸能界で生きていこうなんて考える奴がいたら、
どんな奴だと思う?

受験から逃げたくて、
進学やまともな道を歩む自信がなくて、

楽をして稼いでいこうなんて下衆な生き方をガキの頃から選ぶような、
モドキ周辺の奴らがどうしても多くなるんだろうね。

普通の日本人の人生があまり望めない、
この国では根無し草感の有る奴らがどうしても中心になっていくんだろう。   

でも、朝の7時台のTV(フジテレビ)で、
薄気味悪い目つきのモドキグループ・ダンスを見せられる程、

気分の悪い一日の始まりはないから、ホント頭にくる。

やめてほしい!



今回のテーマは、「アイヌ協会の実態」のつもりでしたが、

アイヌの問題は、
全体像そのものがひどく複雑で、曖昧模糊とした部分が多く、
問題を分野ごとに切り分けてかからないと訳が分からなくなります。

つまり、
・アイヌという民族は、いつ頃、どこから現れたのか。(民族の起源?)
・和人との関係は、どんな感じで続いてきたのか。(交易・交流の歴史?)
・アイヌの独自の文化とは、どういうものなのか。(アイヌ文化の実際?)
・アイヌが、差別され虐げられてきたという歴史は実際にあるのか。(被差別の真実?)
・現在のアイヌの置かれた状況はどうなっているか。(権利・法律・援助・支援?)

このように、少しずつ切り分けて、
それぞれの面から少しずつ明確にしていかないと全体像がつかめません。

そのため、
今回は、「アイヌ民族の起源」という点に絞って、
その一回目として、そもそも論をお送りします。

◆「松田学 対談シリーズ」
宇山卓栄氏『アイヌ先住民族説、弥生人渡来説のウソ』。〈37:28〉
アイヌ民族の起源に関わるお話をされています。
・アイヌが「先住民族」の証拠はない。
・アイヌの民族遺伝子は、シベリアのオホーツク人と遺伝子上、近接にある。
・「二重構造説」は、どんでもない印象操作。渡来人を持ちあげようとする何らかの意図があるのか?
・日本人と韓国人のDNAは、遺伝的同質性が低い。
・日本全国の縄文人の遺伝子からは、(元々が)雑多な民族の混合型であったことがうかがえる。
・遺伝子上、アイヌ人と日本人は遺伝子の関連性が違う。
・日本人は、どのように形成されたのか。
・日本人は、オーストロアジア語族?
・日鮮同祖論(言語)は、政治的な学説。


※折しも、9月15日(火)の虎ノ門ニュースの中でも、
小野寺さんが出演されて、菅新総理とアイヌ協会とかチュチェ思想の事を話されていたので、
是非ご覧になるといいと思います。
※現在、ご覧のようにその日の放送分だけ視聴不可にされています。誰が、そんなことを望んだのでしょうね?( ̄(エ) ̄;)



次回は、「アイヌ民族の起源」の二回目を、
できるだけ早くお送りするつもりです。

では、
おまけの動画です。
大高未貴さんが、直接、菅長官にツッコミを入れてる動画です。ご覧ください。
※これも上の動画同様に、いつの間にか視聴不可にされてしまいました。
 陰謀説はできるだけ取りたくないですが、とても不思議な現象です。( ̄(エ) ̄;)



※旭日旗プラグイン画像用の文字列です!
<a href="https://kaleidoscopeman.blog.fc2.com/img/20201004161635524.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-137.fc2.com/k/a/l/kaleidoscopeman/20201004161635524.jpg" alt="旭日旗に注意" border="0" width="158" height="143" /></a>


では、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト



更新が大変遅れてすみません。

ネット環境がどこかおかしくなっていて、
自分のブログの管理画面なのに入りづらくて、
変な具合に苦労をしています。

その上、
Macminiが急に幼稚園児のワープロみたいになってしまって、
思うように記事が書けません。

今回の内容は、
途中まで書き上げていたものを、
管理画面に入れたので急いで書いています。

これも中国からの攻撃でしょうか。

まぁ、僕なんか、
たいした脅威でもないでしょうから、
おそらく考えすぎでしょうけどネ。(^ ^;)



朝鮮といい、中国といい、
日本の近くには、どうしてこんな糞みたいな国しか無いのでしょうか?

アイヌ問題も、沖縄基地問題も、チュチェ思想問題も、
国政を邪魔され、金を取られ、国内を掻き回されるばかりで、

腹が立つやら、悔しいやら。

そんなにも国会議員達も、北海道議会議員達も、
そろってバカばっかりなのだろうか。

それとも、不勉強で、熱意・誠意がないのだろうか。

この動画に出てくる人達と小一時間、話をしただけでも、
問題の本質がすぐに見えてくると思うのに、
そういうわずかな時間を誰も作らないのだろうか?

それとも、作れないのだろうか?

アイヌ新法、アイヌ文化、アイヌの伝統、アイヌ利権、アイヌ人種。

こんなにもいかがわしく、嘘くさく、根拠なく、金のかかる詐欺集団に騙されて、
法律を作り、金を渡し、言うなりになり、

日本国民に対しての大きな詐欺・嘘の一大イベント(ウポポイ)を、
200億円もかけて大々的に応援をしてしまうのか。

200億円だよ!

その上、入場料も取るんだってさ。

これから「ウポポイ」には、
修学旅行生とか国内外の旅行客とかがたくさん訪れる。

そこで、
嘘と創作の歴史と文化と伝統を真面目な顔をしてまことしやかに語り、演じて、
偽の踊りと、偽の展示物と、偽の歴史を聞かせて、

国の内外に、
ありもしなかった創作の歴史を広める、
まことしやかな施設になるんだ。

一体、どうしたらいいんだろう?????



ちょっと長い(約2時間)ですけど、
それだけに一本の中身はかなり濃いものです。

問題的に、
何本も見なければわからないような内容でもない気がしますので、
今回の一本でとりあえずはこの問題については済ませましょう。

かなり勉強になりますから、
我慢して視聴してみてください。

この「アイヌについての学習」は、
何度も繰り返すほどの内容が元々ない問題なのかもしれません。

文化人類学とか、歴史民俗学とかのアカデミックな研究については、
実際の事実について網羅的に学習してみんなが理解・記憶するほどに立ち入らなくても、

この嘘くささの核心について、軽く理解している程度で、
差し当たっては十分なような気がします。

とにかく、
「ウポポイ」なんかには僕は行きません。

行ったら、
中で大声あげて、大ゲンカしてしまいそうですから。( ̄(エ) ̄;)

的場光昭氏】(35.4~7.53)
・アイヌは、「先住民族」ではない。
仲村覚氏】(一般社団法人:日本沖縄政策フォーラム)(7.58~14.37)
・北海道から沖縄戦へ出征して、約1万人以上が亡くなっている。
篠原常一郎氏】(14.42~29.14)
・共産主義者の一番悪いところは、平気で(嘘)歴史を創ること」。
・アイヌ新法とチュチェ思想研究会との関係。
・沖縄の基地反対運動に、何故ハングルの文字が出てくるのか。
的場光昭氏】(30.40~48.09)
・アイヌの歴史については、遺跡がほとんど無く、(江戸以降に)和人の書いた物しか資料がない。
・アイヌは、現在八つの言語、五つの部族の様々な文化があり、和人の文化も人も取り入れて婚姻・同化も進んだ。
・アイヌの染色体から縄文人のDNAが出ているから先住民だというのは、本当の歴史を知らない者の言うこと。
・アイヌ協会の歴史自体も嘘で塗り替えられている。
仲村覚氏】(50.00〜1:05.21)
・2008年、国連から最初の勧告(「琉球、沖縄を先住民族と認めろ。」)がでた。
・議会を相手に、「国連の先住民族勧告は間違っているから、撤回をしてくれ。」という意見書を集めている。
篠原常一郎氏】(1:08.00〜1:30.13)
・チュチェ思想家がアイヌ民族運動の中心にいる。
・日本中に、チュチェ思想研究会と部落解放同盟のメンバーがいる。
・目的は、「日本分断」。
篠原常一郎氏】(1:30.13〜1:40.46)
・アイヌは、北海道アイヌ協会に3600人 、40億円が支出されてる。
仲村覚氏】(1:41.35〜1:51.30)
・アイヌ新法の内容。
・オリンピック開会式で、全世界に向けて「日本には、アイヌという虐げられた民族がいる。」と発信される。
的場光昭氏】(1:52.42〜2:)
・新法に基づいてする施策を止められなくなる恐れがある。
仲村覚氏】(1:58.10〜2:02.20)
・来年(2020)早々、HP「チュチェ思想から国民を守る会」を設立の予定であるので、ぜひ見てほしい。



次回は、「アイヌ協会の実態」について、さらに深く調べたいと思います。

では、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

いつも「朝鮮耳」の画像をお見せしてゴメンナサイ。<(_ _)>

とても不快でしょうけど、
こういう風に「耳たぶに必ず着目する」という感覚が、
日本人には必要なんだと思っているのです。

でも、なんかおかしくないですかこの頃。

急に耳を隠してる奴が増えてないですか?

男にも増えてるんですよ。
感じないです?

TVに出てくる奴は必ずチェックしてるんだけど、
耳が見えない奴が増えてるんですよ。

それにカメラのカット割りのスピードやライティング、アングルなんかで、
「いかにも隠そうとしてるなぁ。」って分かる感じがする時があります。

ここ1〜2ヶ月で急に増えた感じがして、
「耳たぶを隠しにかかってるな!」っていう感じがどうしてもしています。
(※気のせいかもしれないけどね。(^_^;))

身近に、いけしゃあしゃあと朝鮮人とその子供と孫が、
のうのうと暮らしているという現実を、

私達は敏感に感じなきゃいけない、
忘れてはいけないと思っているから、

僕自身も自分のブログを開くたびに不快な気分になりますが、

でも、
この「不快感」、「嫌悪感」、「気味悪さ」。
「怒り」、「苛立ち」、「憎しみ」。

それを真正面からしっかりと嫌になるほど見つめて、
朝鮮人排除のエネルギー」を駆り立てなければいけないと思ってるんです。

ですから、耳たぶだけが判断基準の全てじゃないんだけど、
まずは耳たぶだけでも写真をしつこく掲示しようと思っています。

釣り目でキツネ顔のイヤらしくニヤけた、
独特の男の顔つきも見つけては掲示します。

違いだけではよく分からない顔つきじゃなくて、
見るからにオカシイ星◯源みたいな不気味な目つきなんて、
見かけるたびに虫唾が走ります。

私達の中に、
日本人とは違う朝鮮人独特の顔立ちのイメージをしっかり固めて、
簡単に判別できる技だけでも定着させておきたいと思ってるのです。

ですから、
不快で、気味悪くて腹が立つけど目をそらさないで、
見て即座に判断するルーティンをぜひ身につけてほしいんです。

これからもよろしくお願いいたしますね。



それにしても、
どうしても「耳たぶ隠し」の髪形が気にかかる。

どんどん増えている感じがする。

TVを見てると出てくる女達が、
どいつもこいつも耳がすっぽり隠れる髪形をしてるんだ。

明らかに変なんだよ。(※この頃は、男も増えてる。)

誰か盛んに流行らせてる奴がいるんじゃないかと考えてみると、
思ったのが、TV局や芸能界の周りにいるメーク係の女どもじゃないのか、と。

その中に多くの朝鮮人女が混じっているんだと思うんだ。

そして、変な髪形をさせては、
さも流行ってるかのようにそれを勧めてんじゃないかってね。
(※これも妄想かも知れないけどさ。(^.^)/~~~

とにかく、
耳たぶが朝鮮耳してる奴は徹底的にマークして、
折あるごとにそれをしっかりと指摘して、話題にして、コメント入れて、

そこを突いて恥ずかしくて顔が出せない雰囲気をどんどん国内に作っていこう思っているのです。
(※モドキなら、耳タブ整形とかするのかしら? 
 痛いし、目立つゾ~ォ、そんなことすりゃ!ヽ( ̄(エ) ̄)ノヽ( ̄(エ) ̄)ノヽ( ̄(エ) ̄)



桜井誠さんと”虎ノ門ニュース”のバトルが話題になってる。

上念司桜井さんのことを糞ミソに言い放って、
虎ノ門スタッフもそれに同調した動きを見せたことが問題になってる。

しかし、
百田さんも有本さんも竹田さんも、
本質的には桜井さんの主張を支持してると言っていいと思う。

はっきり言うけど、
僕は「上念司」を信用してない。

いつも他の専門家の言った事を引用する形でしゃべって、
自分の責任回避の道を確保しておくような物言いをする男だと思っている。

経済の専門家かも知れない。
商売やセミナーがうまくいってるのかも知れない。
いろんな映画やアニメ、サブカルチャーに詳しいかも知れない。

でも、
いつも他人の尻馬に乗ったような物言いしかしない時点で、
僕は信用ができない。(伝聞風なんだよ。)

逃げ道を用意した上でもっともらしくしゃべり、
いざ好き放題に言えると思ったら、
容赦せずに調子に乗って言葉汚く相手を罵るとすれば、

それだけで人間的には信頼することが出来ないんだ。

それに比べて桜井さんは、
言葉は強烈だけれど嘘も逃げも誤魔化しもしない。

桜井さんのような存在が、
今の日本に一番欠けている日本国民としての「怒り」や「気概」を、
「反撃の気迫」と「国民としての自覚」を噴出させる後押しをしてくれてる思っています。

日本人は桜井さんの存在の意味や価値をしっかりと理解して、
こういう人こそ大切にしていかないといけないんだと思っています。

皆さんも時間があったら桜井さんの動画を見て、
彼の言ってることをじっくりと聞いてみてください。

じっくりと聞いてみたら、
桜井さんの言ってる事の意味合いがわかると思うから。

けしてただの乱暴で、ケンカ上等おじさんじゃないですから。(^.^)/~~~


篠原常一郎氏・・・・【チュチェ思想の基礎①】・・・(約16分)
・いつ頃、生まれたのか?
・どんな風に国内で確立されてきたのか。
・金一族の世襲体制を作るのに合わせて絶対化された思想。
・チュチェ思想を海外へ持ち出すための組織が、「チュチェ思想研究会」である。


篠原常一郎氏・・・・【チュチェ思想の基礎②】・・・(約17分)
・「世界の主人公は人間である」が、全体(社会)の利益の為に働かなければならない。
・人間は社会的存在というが、「民衆」の上に「党・国家」があり、その上に「領導者」(=血統の世襲)がいる。
・下剋上が無い、結局のところはピラミッド構造に過ぎない。
・チュチェ思想から外れた者(国民)は、個人主義的・利己主義的個人として処罰される。
・血統が大事で尊重される。
・領導者に忠実で、領導に従い功績をあげる政治的生命が(肉体的生命より)大事である。



動画の追加です。
▶︎岩田温氏・・・・【なぜ彼らは北朝鮮のチュチェ思想に従うのか】・・・(5分17秒)
※まとめるのもバカバカしいのでしてません。聞き流してください。


正直言って、これ以上チュチェ思想について、
さらに詳しく調べたいとは思えなくなりました。

動画はまだまだたくさんありますが、
もうこれ以上、このくだらないカルト思考に時間をかけたくありません。

興味がある方は、どうかご自分で調べてみてください。

それよりも、
沖縄基地反対運動やアイヌ利権と朝鮮人とのつながりの方により興味が出てきました。

そのため次回は、
「朝鮮人と沖縄、アイヌ」をテーマに動画を探してみます。



ホント、聞けば聞くほどアホらしい。

幼稚で理論に確たる根拠らしい根拠も無い、
馬鹿げた理屈だということが分かってくる。

こんな理屈を信じて生きるって、
どういう「知性」・「世界観」なんだろうと思うけどねぇ。

要するに、
金一族の言いなりになって命も惜しまず働いていればいいんだろう。

何だ、それ!

かなり思想の知的レベルが幼稚で、理論的にすごく空虚な感じがする。

やはり、
逆らったりするとすぐに命の危険を伴うし、食料も元々乏しいので、
渋々従っているというのが本当のところなんだろうなぁと同情してしまう。

それにしてもあまりに論理が貧弱過ぎて呆れてしまう。

所詮、こんな程度の事しか考えてない連中だとすれば、
人としての存在の重みの見え方もこっちの覚悟もかなり変わってくる気がする。

では、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

前回、左に掲げたモドキ女が、
必死で耳を隠してるって話を書いたけど、

その記事を見たモドキ仲間が本人に知らせたのかも知れない。

早速このモドキ女、今までとはうって変わって、
慌てて(4月30日公開)目一杯耳を真正面から撮った動画を自分から公開してるさ。

いかにも”全然、気にしてないから!”って顔して自撮り風に映ってるけど、

これでもかってくらい執拗に耳を真横から撮っていて、まるで「耳の動画」みたいになってる。

逆に、『今までどれだけ気にしてたか。』って事が強烈に伝わってきて、笑える。(^.^)

よっぽど一番嫌なところを突かれたんだろうネ。

いかにもズルそうで不気味な目つきのこの動画見て、
ドーガ笑ってやってください。wwwww

モドキ達って、意外と日本ではそうやってビクビクしながら生きてるんだよ。

これからも耳を隠してるモドキをどんどん特定していきますネ。

日本人がモドキ達にしっかりと気づいて、
次々と本気でそのことを指摘しだしたらきっとパニックになるだろうね。

もうこれからは、耳を隠してごまかせなくしてやろう。

その意味でも、
在日の歴史的経緯と、モドキ達の日本への犯罪的寄生行為と共に、
モドキを判別して特定する方法も日本中にしっかりと広める事は有効なんだ。
(あくまでもねつ造じゃなくて、歴史的事実だからネ!)

不愉快極まりない連中だから、
見えるところに出てこれなくしようよ。

協力をお願いしますね。
みんなでやれば結果は少しずつ出てきますから。(^.^)/~~~



今回、
「チュチェ思想」というものについて少しだけだが理解したけど、
正直な感想を言うと「がっかりした」というのが最も近い。

当人達はあたかも「思想」であるかのように崇めて、
それを元に活動しているのだろうが、

客観的に分析してる人達の言ってる事を聞く限りでは、
それは単なる幼稚なおとぎ話のような妄想でしかなくて、

そこにつぎ込まれる膨大な量の狂信的熱意は、
ある意味、カルト的でさえあるといっても過言でないように感じる。

落ち着いて考えてみれば、
別に論理的整合性の裏付けがある訳でもなく、

科学的な成熟した社会への仮説としての検証もなく、
歴史的な重みもあまり感じられない。

まともな大人が真剣に学び、
その結果、信じ込むような類の成熟した思想の体系と到底呼べる代物でもない。

だから私はあえて結論として、
この思想モドキを「錯覚」・「妄想」と呼び、断罪することにします。

こんなものを根拠として生き、
こんなへ理屈を共有して徒党を組み、

「よその国へ来て訳の分からない活動を強引に展開する馬鹿どもを、
 これ以上、黙って見ている訳にはいかない。」という、

嫌悪感を伴う怒りに似た感情がつのるというのが、正直な感想だった。

では、動画をどうぞ御覧ください。

「チュチェ思想から国民を守る会」-①(2020年1月)
篠原常一郎氏
・池袋は、チュチェ思想の本拠地の一つ。
・1971年から出てきた。
・北朝鮮のテロが続き、最初は日本共産党とは仲が悪かった。
・「自主の会」という言い方もする。 
・拉致問題との関係。
・沖縄基地闘争、オール沖縄との関係。
・アイヌ問題との関係。
・愛知トリエンナーレとの関係。


「チュチェ思想から国民を守る会」-② 
岩田 温氏
・彼らの論理を信奉する必要は無いが、理解することによって次の行動が分かる場合がある。
・「金正恩著作集」を読むと、核兵器をけして放棄しないという論理がわかる。
・チュチェ思想というのは、金一族の奴隷として生きることが一番幸せだという論理。
・我々(金一族)の言うことを聞いているのが、本質的な自由なんだという理屈。
・洗脳の手段としては、常にチュチェ思想について考えさせて他の事を考える時間を与えない。


「チュチェ思想から国民を守る会」ー③
仲村覚氏
・何故、沖縄独立派とアイヌの格好した人と在日朝鮮人がくっついているのか。
・国連から、「沖縄の人は、先住民族だ。」という勧告が5回も出ている。
それを進めたのがチュチェ思想。


「チュチェ思想から国民を守る会」-④
篠原常一郎氏・岩田温氏・仲村覚氏
・岩)アイヌ学校を作れという運動が出て来たら、裏にはチュチェ思想がある。 
・篠)国連の人権部門は、チュチェ思想に牛耳られてる。
・仲)拉致、沖縄、アイヌの各問題については、戦略的・機能的な闘い方をしなければならない。
・篠)今、韓国では100万人デモで、チュチェ思想が主敵となっている。
アイヌ新法は、日本全国にチュチェ思想を及ぼすための法律。
・岩)反日種族主義とチュチェ思想には、親和性がある。
・仲)私達日本人は、アイヌの歴史も沖縄の歴史も良く知らないので、そこを攻められた。
・篠)本来のアイヌの文化は素晴らしいが、ねつ造されたアイヌ文化を広めている。
・岩)国籍に基づいたゆるやかな連携が大切。
・仲)沖縄戦で二番目に北海道からの出兵が多かった。
・岩)チュチェ思想の本質は、物事をいつまでも解決させないこと。いつまでもモメさせる工作をする。


次回は、また約1ヶ月後になりますが、
さらに詳しく「チュチェ思想」の2回目として、
探っていきたいと思います。

ねぇ、お話を聞いていたらかなり腹立って来るでしょう!
こいつらを放っておけるはずは無いんですよ。

どうか、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

長い間、おまたせしました。<(_ _)>
今回は、盛りだくさんの内容ですので、ゆっくりとご覧ください。(^.^)/~~~

なぜ、耳を髪で隠すのか?

昔から耳に髪をかぶせて、
耳が隠れるような髪型なんてあまり流行って無かった。

髪の毛がすれてカユイとか、邪魔になるとか、
暑苦しくてウザいとか、イズいとか。

作業するには髪を耳にかき上げて、
耳を出した方がすっきりして動きやすいし。

見た目も、外界の音の聞こえも良いし、
爽やかでさっぱりした感じだった。

しかし、この頃はわざと髪を耳にかぶせて、
耳がほとんど見えない髪型にしてる女性が多い。

そして、耳たぶのところに大きめのイヤリングなんか付けてるんだ。(男達も)

僕は、女子アナだろうと、アイドルだろうと、新人女優だろうと、
全員の耳の形を必ず確認する。(イヤリングの後ろもネ!)

そうすると、隠そう隠そうとしてる奴に限って、
朝鮮耳してるんだ、これが。

「絶対、耳は見せない。」っていう雰囲気が逆にね、
かもしだすものがあるんだよ。

(※朝鮮人全員がそういう耳たぶな訳じゃなくて、約65%程度だって聞いたことがある。
 この頃は、ネットで朝鮮耳の話をわざと「デマだ」「嘘だ」「噂に過ぎない」と記事にするために、
 もっともらしく即席で作ったようなウソ臭いブログや記事が増えてきている。
 更に、朝鮮耳についてしっかりと論じた動画が、どんどん削除がかかって見れなくされる傾向が強まってる。)

でも、純粋の日本人にはいないっていうから、
僕はこの現象は神様からの贈り物だって真面目に思ってる。

きっと朝鮮系の女達は暑苦しくてウザイ髪型を我慢して、
バレないように流行らせてるんだと思ってる。
(男達はどうしようもないから、開き直って異様に刈上げたり、染めたり。)

あんな暑苦しい、煩わしい、うざったい髪型なんか、
快適なわけないんだから、どう考えたって。

みんなで我慢して隠し合ってるって感じなんだろうね。

左側に掲示した女なんか、その典型だよ。
カタカナの妙な名前を名のってさ。(この頃、そんな奴増えてる。)

当人は隠してるつもりなんだろうけど、
数少ないスナップ写真でバレてて、
逆に本人が意識して隠してることが分かっちゃうのさ。(2枚目の写真とか)

モドキっぽい顔立ちも、うかがえるし。

いつ、どの親族の時点で、
日本に紛れ込んだんでしょうかねぇ?



朝鮮耳女子アナが喋り、
朝鮮耳モデルがCMで流れ、

朝鮮耳アイドルが歌い、
朝鮮耳芸人が何人もひな壇で話すバラエティ番組。

着の身着のままで潜り込んできた朝鮮密入国者の娘が、
モデルになっただけでコメンテーターに使われ、

密入国だから極貧だった苦労話がエピソード話としてもてはやされ、
今や調子に乗って日本人と日本社会を平気で批判する。

髪をピンクや緑に染めた朝鮮人のガキ達が、
アイドル然として踊るCMが日に何度も流れる。

つまり、
朝鮮人が編集を牛耳り始めた各放送メディアで、
朝鮮人の出演者が高額な出演料を稼ぎ、
朝鮮人が語り掛けるCMが日に何度も流れるんだ。

毎日、腹立たしくて不快な、
絶望的な気持ちになる。

でも、
僕は誰にも本心を明かさず顔にも言葉にも出さないけど、
しっかりと決意している。

朝鮮人の子孫達と、
朝鮮人の企業や組織と、
朝鮮人の文化や言論や行動全般を、
一切、許すつもりも認めるつもりもない。

しかし、以下の結果を見ると分かる通り、
現在の状況では、利用しないことには不便な場合が多々あるのも事実で、
最低限の利用に留めるように心がけてる。

以下は、ウィキペデアなどで一応調べて確認し、不確実なものは省きました。
(ウィキペディアを信ずる限りにおいてだけど、、、。( ̄(エ) ̄;))
 
・パチンコ業界・ドン・キホーテ・オリンピック・ロッテ 
・アイリスオーヤマ・プロミス・JINRO(焼酎、「真露」グループ焼酎メーカー) 
・叙々苑・牛角・安楽亭 (焼肉店)・モランボン(焼肉調味料) 
・サムスン(電化製品)・LG電子 (電化製品)・ソフトバンク
・DAEWOO(ダイウ電化製品)・ギャラクシー携帯・ムラサキスポーツ
・ABCマート・歌広場 (カラオケ)・漫画広場 (漫画喫茶)
・ロッテリア (バーガーキングなども)・コメダコーヒー
・朝銀(破綻後は「ハナ信金」)・大韓航空・アシアナ航空・MKタクシー
・NEXON・ヒュンダイ (自動車)・イオングループ ・マックスバリュ
・K1 (格闘技団体)・イエローキャブ(セクシータレント事務所)
・モンシュシュ (堂島ロール)・マダムシンコ・LINE・NAVER

そうとわかれば必要最低限の利用しかできない。

一人残らずこの国から出て行け。』と強烈に憎み続け、
死ぬまで嫌悪して、強く念じ続ける。

そのために出来ることは何でも黙ってやるつもりです。(犯罪は犯さないよ。(^.^)/~~~)
 ・この国(日本と日本人)を、少しも利用させない。
 ・この国に寄生して生きてく事を許さない。
 ・この国での我が物顔を許さない。

具体的には、
・友人にならず、できるだけ会話を避け、連絡もとらない。
・助けたり、アドバイスなど一切しない。フォローやアシストしない。
・プレゼントや喜ばすことは一切しない。関わらずに避ける。
・人事や人選では、けして採用も選定もしない。関わらせない。
・販売店は、最低限必要な場合しか利用しない。すすめない。
・朝鮮料理は食べないし、そういう店は利用しない。気づいたら偽理由をつけて退出する。
・朝鮮文字の場所に近づかない。書かないし、読まない。知ろうとしない。
・朝鮮に関連するものは一切選ばない、使わない、気づいたら捨てる。
・けして表情を曇らせたり、怒ったり、睨んだりせず、平然とした表情を保つ。
・これらの行動について聞かれても、理由は一切説明しない。本心は明かさない。
・朝鮮人を利用しようとか、良い目みよう、得しようとは考えない。



今は普及を邪魔されているマイナンバー・カードが100%普及すれば、
正式な日本国籍のない奴らは身分を特定されて社会的にはじかれるようになるし、

生活保護の受給や脱税にかかわる調査もサクサクとやりやすくなっていくんだ。

また、
これも少しずつ形を崩そうと攻撃され続けている今の戸籍制度を、
しっかりと維持し続けていれば帰化して出自を誤魔化した糞野郎とその子孫達も、

いずれは正式な日本人ではないことが見つけやすいことが知れ渡り、
日本人から容易に分離することになる日がやって来ると思ってる。

何年かかろうと日本人でない密入国者達の汚れた系譜は、
いずれ明確に色分けして分離し、

日本から根こそぎ引きはがす時代が来ることを強く願っています。



では、今回は3時間目のところから視聴しましょう。<(_ _)>

まとめ
・日本の各方面に北朝鮮の影響が広く食い込んでいる。
・北朝鮮は、朝鮮総連の力の源泉を育てている。
・朝鮮総連を潰せる可能性がある数々の手段。
・不法な銀行取引をしてる北朝鮮人がいる。
・日本の原子力研究、或は、小泉首相と総連との関係。
・拉致問題が進展しないのは何故なのか。
・朝鮮総連を潰せないのは、日本人チュチェ思想家が多数いるから。
・朝鮮総連、北朝鮮に対する認識が甘い人間が多い。
・朝鮮大学校を標的にすべきだ。
・スパイ防止法がいつまでも成立しない原因。
・科研費(科学研究費助成事業)がアイヌ研究やチュチェ思想家にまで多額に出ている。

次回は、また約1ヶ月後になりますが、
この頃、色々なところに顔をだす「チュチェ思想」というものについて、
しっかりと勉強したいと考えています。

どうか、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

いろいろな動画を見ていくと、

日本の各地には、「モドキが異常に多い地域」と思われる、
住民がそれとはっきり認識している地域があることがわかってきました。

例えば、
名古屋は多いとか、荒川区は多いとか、北九州は多いとか。

でも、まだ情報が具体的、かつ、ピンポイントではありません。

そういった情報は、日本人の中でできるだけ共有しましょうよ。
(正直言って、僕には今までそういう感覚があまりありませんでした。
 要するに、知らない人、気づいていない人がまだまだたくさんいるのですよ。)  

誤情報の発信・拡散なんかはしたくありませんので、
よかったら正確な情報も添えてコメント欄で私に教えてください。(根拠となるデータ・情報的なものも一緒に。<(_ _)>)

このブログで、そういう情報なら僕なりに確認した上で全国へ発信しますから!

【※スミマセン。現在、コメントを受け取る設定に出来ていませんでした。
 出来るだけ早く設定を改良しますので、とりあえず、メールフォームを載せてみました。】



では、朝鮮総連の第二弾ですが、

一時間分をまとめの文字起こしをしようと途中まで進めましたが、
完全に挫折してしまいました。( ̄(エ) ̄;)

途中まで丁寧にやっていたのですが、
なにせ正確をきすには膨大な時間がかかりますし、

私自身、正直言ってまだ全体を視聴しきれていない状態です。

こんな事をやっていては、
効率よく皆さんに大切な情報を拡散していくことができないという事に気づきました。

そのため、「完全な文字起こし」を諦めました。

これからは、
先に視聴した結果として内容の重要なトピックス的なものを、
箇条書きの形で載せていく程度にしたいと思います。

それでも、
誰にとっても3時間分をいっぺんに視聴するというのは、
疲れてしまいますのであまりお勧めしません。

毎回、1時間分ずつを2~3度ずつ繰り返し視聴していただくのが頭にもしっかり入り、
それほど疲れなくていいのじゃないかと思うようになりました。

もう、とっくに全部を見てしまった人もいるでしょうけど、

そんな訳でこれからは、
さらに貴重な動画を見つけることに労力を割くことにして、
全文を文字にするのはやめます。

文字起こしが良いと思っていただいていた方にはお詫びします。
(スミマセン、力不足で。<(_ _)> )

では、そういう訳で、2時間目のところからご視聴ください。
途中まではなんとか文字に起こしてあります。<(_ _)>

<1:03.02~:>
・松原ーあの時、拉致議連の会長がまだ平沼さんがお元気でやっていた時で、平沼
さんや私や中山恭子さんのところに、北側は非常に何回もアプローチして
   きましたよ。それは、彼らが一番危機感を持っていた時期で、朝鮮総連の建物
   が完全に競売になって誰かのものになってしまうのというのは、ソン・イルホ
   (宋日昊)にすれば「大使館」のようなものだから、北朝鮮にとっては国際上
   のメンツも含めて何とかして避けなければいけないと、すごかったですよ。
    いろんな意味でアプローチがあった。それが終わって、平沼さんがまだ会長
   やってたんですが、その向こうからのアプローチがパタッと消えたという
   のは、さっき三浦さんが言ったように一番の彼らにとっての危機的な状況を
   乗り越えた。
    今日に至っては、北朝鮮がミサイルを飛ばしても、日本の政府も含めて、
   アメリカから言われてるせいか激しく反発もしない。日本における治外法権み
   たいな組織が残り続けてしまってはいけない。実際、拉致に関しては、政府答
   弁にもあるが、明確に関与している。明確に分かった部分をいってるだけで、
   灰色な部分はたくさんある。
    これに関しては、あらゆることをやって、北朝鮮が拉致をやった国です
   から。国家テロですから。その事実上、大使館ですから、一緒に追い詰めて
   いく。あらゆる手段というのは、動産まで差し押さえるって、やってない
   よね。

・西岡ー動産は、破産をしてないからこそ彼らの預金通帳があったら、そこから
   RCCが差し押さえをしている。保険会社の金剛山険といいましたかね、
   数億円のお金も現金が見つかれば差し押さえている。

・松原ー現金が見つからないように、水面下で動いてる。

・西岡ーだから彼ら、給料もキャッシュで払うと、そういうことをさせてる。

・松原ー動産はあるじゃないか、と。それくらいやっていかないと、まあまあ
   こんなもんだと思われる。

・西岡ーあの時、先生(松原)が大臣だったじゃないですか。9月に野田総理が
   先生を切って、その後、民主党の事務局の人間が平壌(北朝鮮)へ行って、
   裏でこのこと(=差し押さえ)を再調査委員会の立ち上げのバーターの
   交渉をしていた疑いが強い。
    なぜなら、安倍政権になった後、競売が決まった後、総連の顧問弁護士
   が「野田政権との間で和解するという約束になっていたのにオカシイじゃ
   ないか。」とペーパーを出しましたよね。先生がいたら邪魔だから先生を
   外したのではないかと私は見ている。
    だからこそ、彼らにとって、競売を防ぐということは大きな目標だと
   いうことは間違いない。

・松原ー西岡情報は、西岡情報で、、、。あの時は、一番危機的な時期だった。
     今日の安倍政権下でも、ゆるみが出ている。西岡さんは安倍さんの
    ブレインなんだから、ピシッと怒った方がいいよ。飛翔体を飛ばしたら、
    黙っていたらダメだと。こういうことをやっていたら周りからおかしく
    思われる。トランプが、「アメリカに届かなければ良いんだよ。」と
    いう議論だとしたら、我々は全くどういう風に我々の立場を表明すれば
    いいんだ?、という話になっちまう。

・西岡ーボルトンが言っていたけれど、日本が核を決めなくちゃいけなくて。
   つまり、アメリカの核の傘の下に入っていて、アメリカまで届くミサイル
   を北朝鮮が持たない限り核の傘が有効だという戦略的な判断があるんですが、
  「短距離ミサイルが問題だ。」と言うんなら、日本が核抑止力を持つしかない。
   非核三原則を止めて、持ち込みを求める。それができないなら、核武装を
   すべきだとずうっと20年来そういうことを書いてきている。そこまで議論
   しないで、アメリカがけしからんということはできない。
    そういうことを言うべきだと思う。

・松原ーアメリカの軍基地は、在韓米軍とはレベルの違う海兵隊が日本にある
   わけだから、日米一体だという認識を持ってしかるべきだ。その時に
   ショート・レンジのミサイルは良いよというようなお墨付きを出すという
   ことは言っちやダメだよ。
    トランプが言ってるから、安倍さんも言いずらいんだよ。

・西岡ー文在寅が良いと言ってるんですよ。あのミサイルは、去年の9月の軍事
   合意違反じゃないと言ってるんですよ。軍事合意というのは、朝鮮半島で
   銃声を止めたと言ってるんですが、銃声どころかミサイルが飛んでる訳です。
   韓国が射程に入ってるわけです。
    しかし、その韓国が良いといってるなら、在韓アメリカ軍の命だけを
   どう守るかと考えはじめているから、引くということを頭において、だから
   合同演習をしないわけです。合同演習したら情報が洩れるから。2019/8/16日
  (金)に打たれたミサイルについて、韓国の軍事専門家達の中には、韓国のミサ
   イル技術を使って撃たれたのではないか。そして、その原因は、ハッキングを
   されたと。
   確かに、数年前、北朝鮮が国防部のコンピュータに入って大規模なハッキング
   をした。そこにこれが入ってたのではないかと、いう慎重ながらもそういう
   議論も出ている。そういうこともアメリカも十分に分かっていますから、
   そういう人と一緒に軍事演習ができるのか、ということになっていて、日本に
   とって朝鮮半島が 北朝鮮のものになるかもしれない危機がきているのに、
   核武装の議論もしないで、アメリカがけしからんと言ってる話じゃないと
   思う。

・松原ーミサイルをぶっ放しても、国際世論が許容しているというのは、総連にとっ
   て良い水が来ている感じじゃないかと思う。
    3~4年前にバングラディシュの中央銀行が、北朝鮮系のハッカーによって
   20億円やられた。日本の金融機関からハッキングされているという事実は
   無いのだろうか。

・荒木ーハッキングされていて、それを表に出してない会社や機関は山ほどあると
    思います。

・西岡ー国連の制裁委員会の報告書には、日本の名前は出てきていない。いくつか
   の国の名前が挙がっていて、韓国が一番やられている。全体で総額20億円
   どころか20億ドルにのぼっいて、北朝鮮への制裁が利かなくなる恐れがある
   程度の多額の金額がハッキングされているということが、今回9月に出される
   報告書に出ていると言われている。
    北朝鮮はインターネットがつながってないので、ハッカー達は中国まで出て
   きてハッキングしている。中国はそれを黙認しているのではないか、と考えて
   いる。

・水島ー自衛隊関係の人の話だと、その技術は中国や北朝鮮は日本よりはるかに力を
    持っている。仮想通貨を狙っている。お金的に困っていない。
     アイヌの問題で、アイヌ協会のトップ(副理事長)がチュチェ思想研究会
    の創立メンバーであり、沖縄へ挨拶に行ったり、玉置デニーがこっちへ
    来たりしている。
     アメリカの対中政策は、ミサイルが届かなけりゃ良いというだけでなく、
    北朝鮮を取り込んでおけば、いざとなったらいつでも北京や上海へミサイル
    を打ち込めるという意味でアメリカがコントロールしていればいい、という
    考えもあるのではないか。長崎・広島の被害者は、本音のところでは日本が
    核を持っていればこういう(=被ばく)ことにはならなかったと一番望んで
    いるのはないかと自分のコラムで発信したが、誰もこういうことは見みたが
    らない、聞きたがらない。

・西岡ーイギリス型の、原子力潜水艦を3隻もって、一隻沈めておいて、対打撃能力
   に戦術核を持つ。イギリスは、攻撃された時は、必ず報復すると相手に見せて
   いる。
    日本も、攻撃された時には、必ず反撃するそうした能力を持つべきである。
    そう費用も掛からない。そういうことについて、少なくとも議論すべきだ。

・荒木ー今、国会の中で、誰も議論できないでしょう。決められるところまでいけ
   ない。

・水島ー北朝鮮が自分を守るために核を持つんだ、という彼らなりの思いはある。

・西岡ー北朝鮮が、「自分達を守るために核を持つ」と言ってきたがそれは嘘で、
   1950年代から核開発を続けていて、第二次朝鮮戦争で勝つためにアメ
   リカの介入を防いで、韓国を赤化するために持っているんであって、防衛の
   ためではないことは歴史的事実が証明している。1986年に、冷戦の始ま
   る前に、ネーヘン(?)の5千キロワットの原子力が臨界に達している。

・水島ー中国と同じように、北朝鮮は建国以来、原子力を開発してきている。そう
   いう国が我が国の周りにいるのに、「平和を希求する諸国民の(憲法前文)
   、、。」

・松原ー憲法前文もそうだが、東京裁判史観が問題だ。慰安婦問題も、一部の
   日本にマイナスなことを言うことが正義だと思っている人間達は、東京裁判
   が原点となっている。

・水島ー安倍さんは、日清・日露戦争は正しかった・やむを得なかったと言ってる
   が、70年談話で「東京裁判史観」を認めちゃってる。

・松原ー鹿島森之助の『世界大戦(原因)の研究』で「日本の後に続く人間が、
   東京裁判史観を突き崩してくれと言っている。」が、それから70年経っ
   ている。



スミマセン、もう、ここで限界です。
文字起こしをこれ以上続けると、無駄に私が疲労してしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容の続き
・在日朝鮮青年同盟は、チュチェ思想の戦士を育成する組織だ。
・チュチェ思想は、宗教的なものである。 
・朝鮮総連は、マスコミ工作が上手。
・「朝鮮総連は怖い」という過大評価が、長く続いてきた。
(次からは、こんな感じにします。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1時間分ずつを繰り返し視聴する方がどれだけ理解が進むか知れないと考えるようになりました。

3時間分を一度に見るよりは、1時間ずつを3度くらいじっくり見る方が良いと思います。

次回は、3時間目分ということで、
内容の箇条書きを添えて動画をお送りします。

このように、1時間を一回分と数えて掲載していきますので、
一度に全てを見てしまった方は、ちょっと時間が空くことになりますが、

その間に私の考えた事なども添えて、
毎回、追加掲載させていただくことにしますので、
よろしかったら何度でも見に来てください。<(_ _)>

今回、特に二時間目を見ていて感じたことがあります。

それは、
見ているうちに次々と自分の知らないことが出てきて、

Youtubeというものが本当にありがたいものだ。」という思いと、
今まで何も知らなかった自分の置かれていた情弱な環境の恐ろしさ。」を感じて、

必要な情報や知識が身体にしみ込んでくるのが分かるようで、
とってもうれしくて、心から感謝をしていました。

ではまた、次回は約1ヶ月後になりますが、
よろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

◆百年、言い続ける!!

次第に、モドキの特徴が分からなくなり、
日本人との違いが見つからなくなり、

日本人にうまく紛れているヤツらを見つけるのを、
諦めてしまいそうになる時期が今後来るかもしれません。

けれど、その時こそが大事なところなんだと思います。

そこでやめてしまったらこの問題(駆除作業)は、
「敗北」で、「終わり」になってしまいます。

そこでケリがついてしまって、
もう永遠に取り返しがつかなくなります。

そこから「日本人」というものが永遠に変わってしまうのです。

ですから、
その時、そこで終わらせてしまっては絶対にダメなのです。

「モドキは、日本人ではない!」と言い続けてください。

「モドキは日本に居るべきではない!」と拒否し続けて、
嫌悪し続けてください。

至る所で「モドキはいったいどこに潜り込んでるんだ?」と、
怒り続けてください。

いつでも「俺は、モドキが大嫌いだ!」と言い張ってください。

「モドキが日本人に不法にやってきた。」ことを、
ところかまわず広めてください。

「誰一人、モドキは日本に居るべきではない!」と、
言い続ける事が大事なのです。

「今まで、どれほど日本(人)は馬鹿にされてきたか!」と、
「どこまで図々しい民族なんだ!」と言い続けてください。

言い続け、主張し続け、嫌悪し続け、毛嫌いし続け、

批判し続け、馬鹿にし続け、
怒り続けることが必要なのです。

僕は遅まきながら、
今年から青いリボンのバッジを常に胸につけて外出することにしました。
(※青いリボン=「拉致被害者を全員返せ!」の意思表示バッジ。)

そんな話のキッカケもとらえては歴史を語り、
賢く歴史の経緯を語り、

慰安婦問題について語り、
徴用工ではない応募工について語り、
さり気なく朝鮮併合と戦後賠償について語ってください。

拉致問題を語り、
ことあるごとに立場を主張し、

機会あるごとに落ち着いてモドキを嫌悪する理由を話し、
言い続け、怒り続け、
批判し続けることが必要なのです。

それが最も大事な事です。

それを聞いたモドキはビクつき、落ち着かなくなり、
怯え、デカい面が出来なくなります。

自由にふるまう事ができなくなり、
平気で街を歩けなくなっていきます。

なにしろ、
日本に居る根拠が元々ない連中なのですから、
平気で当たり前のような面はできなくなるのです。

もし、
お仲間にあなたの態度を非難されたら、
穏やかに言い返しましょう。

友達に話す内容を反発されたら、
何故反発するのかその理由を静かに尋ねましょう。

そして、
本当の歴史的経緯を詳しく話してあげましょう。

「差別」と言われたら、
歴史的事実を丁寧に語って「単なる区別だ」と言いましょう。

もし、良くわからなかったら、
YOUTUBEにたくさん解説動画があふれています。

日本が受けた損害と、犯罪と、侮蔑と、
まっとうな歴史をゆっくりと急がずに広めましょう。

その場をあなたの力で、
歴史を正しく正確に学ぶ空間に変えてください。

自分がどうしてそんなに嫌悪感をつのらせるのか、
その理由をゆっくり静かに説明しましょう。

一人一人の個人を対象にするのではなく、
モドキがほとんどが日本にいる理由がない事実を、

落ち着いて、正しく、丁寧に教えてあげましょう。

本国から棄民された者達を、
自分の国を捨てた卑怯者達を、

日本人が働いた税金と資産と文化で、
終生養っていかなければならない不条理を、

分かる限りで説明してあげましょう。

この活動は100年続けても、
完成するかどうかわからない駆除作業です。

100年かかって潜り込んだモドキの子孫は、
同じ100年で駆除できるはずもありません。

私は、
2140年をある程度の目標として考えています。
(1940~2040では、ケリがつかないでしょう>)

モドキは、全員半島に変えるべきです。

まだどういうモドキなら許せるかを語る時期ではありません。

民族として自分達由来の地を放棄し、
まともに管理して国家として整備することなく、

それを捨て去ってよその国に潜り込んで楽して暮らそうなんて、
民族として許されるものではありません。

これが私の基本的な考え方です。

そのことが達成された時、
私はもうこの世にはいないでしょう。

でも、
私は、“確かな種”を撒いて死ねれば、
それでいいのだと思っています。

その時を目指して、
日本国内に十分な機運を盛り立てて、

日本人の一人としての役目を果たして死んでいきたいと考えているのです。



今回の動画は、かなりハードです。

なにせ3時間にも及ぶ動画です。

普段、あらゆるところで話題となる「朝鮮総連」というものの正体について、
しっかりと学びたいと思います。

しかし、
僕の力の無さのせいで、
文字起こししていると膨大な時間がかかってしまいます。

少しでも早く更新したいので、
3回に分けて掲載したいと思います。( ̄(エ) ̄;)

今回は、一回目の1時間分だけを掲載します。

それでは、一回目いきます!!
「朝鮮総連と日本」(桜 令和元年8月17日公開動画)
司会:水島 総・・・・ 日本文化チャンネル桜代表。 
参加者 ・山田 文明・・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 名誉代表。
   ・西岡 力・・・「救う会」全国協議会会長、モラロジー研究所歴史研究室室長。
   ・松原 仁・・・・衆議院議員
   ・荒木 和博・・・特定失踪者問題調査会代表、拓殖大学海外事情研究所教授。
   ・篠原 常一郎・・ジャーナリスト、元日本共産党国会議員秘書。
   ・三浦 小太郎氏・・評論家
   ・加藤 健・・・・アジア調査機構代表。  

▶まとめ
・水島ー今日は、正面から「朝鮮総連と日本」というタイトルで、朝鮮半島問題も含めて、
    破防法適用調査団体「朝鮮総連」が行ってきた事。どういう経過で成立し、
    今日に至っているか。拉致にかかわっている事も間違いない。朝鮮半島問題を考え
    る上で朝鮮総連というのは大変大きな存在である。専門の皆さんを招いて、
    朝鮮半島問題と朝鮮総連について議論してみたい。

・山田ー北朝鮮を巡る問題の解決は差し迫っていて、最後の段階に来ているとしてとらえる
    べきだ。日本ができる事、やらねばならない事は、まず「日本の中の北朝鮮をどう
    するのか。」という事。これを放置しておいて、本体(=北朝鮮)をどうこつする
    といっても理解は得られない。日本の中の北朝鮮をしっかりと捉えて、それの犯罪
    性、その責任を追及して、必要な処置をとる。この事が日本のやるべき最も中心で
    あり、朝鮮総連を問題にするということは、それを支えるための組織としてある
    鮮学校の実態を明らかにして
、文部行政の中の学校として認めていいのか実態をは
    っきりさせて、政治がしっかりと動くという事が何よりも必要だと考えている。

・西岡ー「朝鮮総連が脱税をしている。」と編集長をしていた「現代コリア」に90年代の初
    めに書いた。脅迫状が来たりもしたが、いろいろ取材したところ、「1970年代に
    社会党の高沢寅雄国会議員の議員会館の部屋で、朝鮮総連と総連系の商工会の幹部
    と国税庁の課長が会談をして、五項目の合意をした。」と朝鮮総連はずっと言って
    いた。
    国税庁は会談をしたことまでは認めて、陳情を受けただけだと言っている。その
    五項目めは、「係争中の案件は、話し合いで解決する。」となっているが、係争
    中だった脱税案件が和解した、と。その一項目めは、「朝鮮総連の税金問題は、
    今後、話し合いで解決する。」
となっていて、それを金科玉条のようにして総連の
    商工会が(税理士資格も無いのに)法人税の書類を代行して作り、税務署にもって
    いくと青天井で経費が落ちる。ということがずうっとあった。彼らは(=朝鮮総
    連)「自分達は税法上、治外法権を持っている。」と書いていた。そういう大き
    な不正(=脱税)を背景にして、北朝鮮は核開発を続けていた。

     94年に我々が脱税を問題にした時には、第一次核危機の頃で、朝鮮総連から
    北朝鮮へ年間600億円の資金が流れていると名前を出して書いた。すると総連から
    いろいろと圧力があったけれど、日本では当初、あまり関心を呼ばなかった。
    米国へ行ってメディア・政府関係者・CIAなどと話し合ったところ、米国CIAは
    それを事実だと判断して、日本へ「調べろ!」との指示・圧力が出された。
    それで内閣調査室が調べたところ、90年代のはじめに総連から北朝鮮へ(年間)
    1800億円~2000億円の金と物が流れていると調査結果が出た。
     そのため、当時は『「総連からの不正送金」・「脱税」・「朝銀の不正錬金術」
    の三つを止めれば、そうすれば米国(カーター大統領)は爆撃をする必要は
    ない。』と論陣を張ったところ、それが米国から日本政府への圧力につながり、
    警察が93年12月に事件化をすると動き出し、国税庁を使って金の流れを止めると
    いう作戦が始まった。

    その結果、大阪の朝鮮総連本部に大阪府警が初めてガサ入れがはいった(94年)。
    その後、愛知を準備していて、中央本部へと。そしたら、金日成が動いて
    カーター大統領と会って、核を凍結するという動きが出てきた。それだけ、朝鮮
    総連からの金の動きは北朝鮮にとって絶対に譲れないものだということが分かっ
    た。
    その時、日本政府(村山政権)はせっかく弱点を見つけて金の流れを止めたのに、
    その締め付けを止めてしまった。逆に、米国側から「話をまとめたのだから、
    金を出せ。」と言われて、拉致被害者が戻ってきてもいないのに、5億ドルの金を
    出してしまった。圧力を止めて、金を出してしまったから、拉致問題は解決しな
    かった。

    そこが原点で、我々は97年から「経済制裁は一定程度効く。」と主張してきたし、
    第一次安倍政権の拉致問題の対処方針の中に「厳格な法執行」という表現が入っ
    て、税務署も動き、警察も動き、朝鮮総連からの送金はほとんど止まっていると
    みている。


・水島ー愛知トリエンナーレの芸術監督の津田大介の父親は、高沢寅雄国会議員の私設
    秘書だった人間である。

・松原ー安部首相も「戦後レジームからの脱却」と言われるが、朝鮮総連の問題は、
   「何故、彼らに特権が与えられてきたのか。」が、ある意味で戦後レジームだ
    った。その分析・解明が必要。
    (※戦後レジーム=終戦後の社会体制、基本的枠組み。)
    東京裁判史観が戦後レジームを引きずってきた原点だ。リベラルと言われる
    知識人が、「慰安婦」や「南京」の問題を言うが、東京裁判史観から鑑みて正し
    い事をやってると思っている。この東京裁判史観を改めるべきだ、ということが
    一点。その上で、総連問題は避けて通れない。
     私は、国会で文書質問をしてきたが、「北朝鮮の拉致に朝鮮総連関係者は関与
    してないか?」という質問に、政府の答弁は「関与していると認識している。」
   「昭和49年6月姉妹拉致容疑事案」・「昭和53年6月元飲食店員(田中さん)拉致」
   ・「昭和55年6月シンガンス事件(原さん)」。この三つにおいて朝鮮総連傘下団体
    の構成員の関与があったと認識していると答弁書に書いてある。「朝鮮総連工作
    員」という脹龍雲の書いた本に、田中実さんの拉致について書いてある。警察も
    認めてる。シンガンス(辛光洙)の拉致工作に関しては、産経新聞の1997年
    10月8日と9日版に、原さんをどのように拉致したかが事細かに書かれている。
    現在、シンガンスは北朝鮮に戻って自由になっている。拉致問題を解決すること
    が戦後レジュームへの挑戦になる。朝鮮総連は、破防法の調査団体である。

・荒木ー8月11日北國新聞に載った記事なのだが、昭和46年(1971年)7月末に
    加賀市の海岸で工作員4人が上陸して一人が捕まった事件。その時、警察に
    連行した工作員を開放しろと言って朝鮮総連が押し掛けたということがあった。
    最初は、大聖寺署に連行したら押し掛けて来た。それで、別の警察署へ連れて
    行ったが押し掛けた。結局、検察も起訴せずに強制送還で終わってしまった。
    ソ連製の毒物を持っていたといわれている。工作員だということが明白であった
    のに逃がしてしまった。おそらく、こういう事件は、(当時は)相当の数あった
    んだと思う。ここでは北朝鮮の国旗まで出てくる。
     こういうことを公然とやっていた。問題は、これをやられた時に、こちら側が
    跳ね返さなかったということ。国税庁の問題も同様なんだけれども、最大の問題
    は、ここで闘う姿勢がなかった。
現場の警察官は頑張ったのだろうけれど、
    (工作員を)返して、水の泡にしてしまったということが最大の問題だったのでは
    ないか。この6年後に横田めぐみさんの拉致事件が起きるわけだけれども、起きた
    時点で警察は拉致だと分かったのに表に出さずに隠してしまった。
こういうことを
    一つ一つ全部ごまかしてきてしまった。ということが最終的に、そういうところ
   (その後も拉致が続けられた)へつながっていってしまったのではないか。
    朝鮮総連の問題は、結局は日本の姿勢の問題で、いかにいい加減だったかという
    ことではないか。
高度成長を享受した世代(昭和31年生まれ)が、その時期に
    それらを傍観してしまっていた。その中でいろんなことが起きてきてしまったと
    いうことではないだろうか。

・篠原ー最近、チュチェ思想研究会について、実際のメンバーや古い人にインタビューして
    チュチェ思想を研究しているのだが、つくづく朝鮮総連と日本共産党は一卵性
    双生児
なんだなぁと思える。
     戦後、府中刑務所などから出てきた共産党の幹部(朝鮮人の幹部もいた)を引
    き受けて、立ち直る資金などを全部準備をしたのは朝連。全面的に面倒をみた。
    その後、朝連は分裂するのだが、共和国支持(金日成支持)を表明して朝鮮戦争
    の前に(朝鮮へ)代表団を送って、日本共産党と一体になって朝鮮戦争に反対す
    る闘争をやっていく。
     僕の先輩で「人民艦隊で中国に渡った。」(北京機関で働いていた。」)とか
    いう人もいる。人民艦隊は朝鮮人の組織がやったもので、それが不審船・工作船
    の手口のルーツにもなってる。(その点、共産党は)宮本健治の時にヤバいと思
    って、朝鮮人に世話になった歴史を共産党の本からはバシッと消してる。戦後の
    共産党の中央委員にはじめから5人も在日朝鮮人がいたり、6千人ちょっとの
    共産党員(昭和21年頃)の中に千人以上の朝鮮人がいた。朝鮮戦争の後で、
   (共産党が)朝鮮と一緒にやってるというのもどうも変だからと、【金日成が命令
    したんだよ。←西岡氏】朝鮮人との関係を絶った。
     それでも、正月の旗開きには、朝鮮総連がお金を持ってきていた。ラングーン
    事件(1983年昭和58年)の後からは(非難し、断絶したため)持ってこな
    くなったが、それまでは一体だったようだ。
   
    「朝鮮総連」というだけで問題にすると、問題を間違えるのではないか。
    「朝鮮総連」って小さくなってるような気がするのだが、「チュチェ思想
    研究会
」というものと、(朝鮮総連の関係者から聞いたのだが)
帰化同胞」という言葉があって、日本の国籍を取っちゃって、会社を
    経営している人達が実は準会員で組織しているんだ、と。
     今回の朝鮮総連の本部の買戻しに、帰化同胞が海外に作ったファンドで借入を
    立てて買い取ってるので、取り締まりようが無い。しかも、票も持ってるし、
    日本人としての会社も持ってるので企業献金もできるし、自民党にもいっぱい
    貰っている方もいるようだ。日本共産党の方は原理原則を言って青色吐息になり
    つつあって、朝鮮総連の方は形を変えて大きく影響力を増しているような気がし
    てならない。それが結果として、チュチェ思想研究会がバックアップされてたり、
    アイヌ協会という形になったり、沖縄の反基地闘争という形になったり、今度は
    韓国からチュチェ思想派を持ってきてデモまでやらせてる。
     僕はもう多分できないけれど、潜り込んでみたら指揮をとってるのは朝鮮総連
    の元の役員だったりするのも見聞きしているので、これは並大抵なことではない
    なぁ、と。全然、力が弱まってないか。行政取り締まり・警察取り締まりをやっ
    ても無理だな、むしろ、切り崩しを図ってやっていかないと対抗できないなぁと
    思っている。
     むしろ、彼らは勝利しつつあるなぁ、という考えを持っている。

・西岡ー終戦後、共産党の地下活動化を支えたのは朝鮮人だった。朝鮮人部落へ行けば
    コメがいっぱい食えた。帰国した人達の米穀手帳を返さずに(米を不法に手に
    入れ)、ドブロクもいっぱい持ってた。それで共産党の地下活動ができたんだ、
    という体験談を聞いた。

・水島ー小野寺勝さん(元北海道道議会議員)に聞いたんだが、(北海道で中国に)
    爆買いされてる土地で中国人と朝鮮総連の幹部とが共同で(開発目的の)
    地鎮祭をやっているところもある。

・篠原ー朝鮮総連ってのは、(北朝鮮にとっての)在外組織で一番重要な組織で
   「対日工作」をする。そして、それを通じて「対南政策」もするという、
    ほかの在外組織ではできないことをやっている。それが効果を挙げてる
    んだという認識を持たないといけない。それこそがムンジェイン政権の
    チュチェ思想化なんだと思う。

・三浦ー篠原さんの言ってることをわかりやすくした新聞記事を持って来たんだ
    けれど、昭和27年の朝日新聞の記事「女工を監禁、査問。日共リンチ
    団」18~19歳の女の子を10数日間監禁されて、注射打たれて寝れ
    ないようにされてリンチされ「会社側のスパイだろう?」と拷問された
    という事件。
    これで検挙された人の過半数が朝鮮総連の前身組織の人間。またもう一つ、
    朝日グラフに出たもので、国連軍の荷物集積場所になっていた吹田操作
    場を朝鮮総連の前身組織が日本の左翼と共に襲った時に硫酸弾とか火炎瓶だとか使って
    日本の警察官を殺そうとしている。(※大阪府吹田事件、昭和27年
    6月24~25日)実際に焼けただれた姿の写真なんだが、敗戦後の
    日本が一番苦しい時期に奴らは我々に襲い掛かってきたということは
    忘れてはいけない。

・水島ー「山口組三代目」という東映の映画に、その時期のヤクザの三代目田岡さんが
    そうした朝鮮人と頑張って戦ったという話が出てくる。昔はビデオの貸出を止
    められてたが、最近は解禁されたみたいだけど。悪い犯罪もいろいろとあった
    んだけどヤクザが出てきて頑張った。

・三浦ー今日持ってきたのは朴慶植さんの書かれた「在日朝鮮人運動史」。
    実際に総連にいて朝鮮大学校の教授もされた方が書いた本で、今、
    お二人が主張されたようなことが手柄のように書かれている。
    現実にやったのは無法者や犯罪者だったかもしれないけれど、
    革命の名のもとに正義として正当化されてやられてた。<朝鮮人連盟
    →ミンセン(?)→総連>という流れの中では、日本における
    革命のための「正しい行動なんだ。」という思いがこういう動
    きを助長していた。共産党と在日朝鮮人が一体だった時代の話。
    萩原遼さんや小川晴久さんなど、いろんな方々が北朝鮮の帰国者
    の人権問題について最初にNGO【※北朝鮮帰国者の生命と人権を
    守る会】を作って、北朝鮮へ帰った朝鮮人達や日本人妻達が政治
    犯収容所に入れられている人がいっぱいいるんだ、という集会を
    やった時に、暴力的にそれをつぶしに来たのは朝鮮総連だった。
    彼等は、今、自分達が被害者であるかのような宣伝をしている
    けれど、「北朝鮮で苦しんでいる帰国者の為の運動」を起こそう
    とした時に、壇上に登って宣言文を奪い取ろうとして警察が出動
    しなければ集会ができなかったということがあった。守る会と
    リ・ヨンファ(李英和)先生のレンク(※RENK)を暴力的に潰
    に来た(1994年4月)のは当時の朝鮮総連だった。

・西岡ーそれで、大阪府警が朝鮮総連へガサ入れに入った。それはそれで、
    ある意図があった。

・三浦ー彼らは今、日本社会の差別と暴力の被害者であるかのように、特に
    海外へ向けて強く宣伝をしているが、最初に戦後めちゃくちゃな暴力を
    ふるって、日本人の人達が北朝鮮の人権問題をやろうとした時に潰しに
    来たのは朝鮮総連だった。その時に、朝鮮総連の側に立って彼らを弁護
    した人達は、今、大学教授(前田?)をやっている。そういう人達が
    現在、何をやってるかと言うと、慰安婦問題とか在日朝鮮人の人権問題
    をやっている。そういう偽善がいまだに続いている。
     さらに、今、(証拠は何もないんだけれども)朝鮮総連は希望を持っ
    ている、自分達にチャンスが来ると思っているのではないか。安倍総理
    が(私は方便だとは思ってはいるけれど)日朝国交正常化という言葉に
    類する表現をされることがあるけれど、日朝国交正常化の時には朝鮮
    総連は完璧に復活すると思う。今、彼らはその感触をつかんでいるので
    はないか。それは、日朝正常化議連が復活したこともそうだし、拉致
    被害者を取り返すことに誰も反対しないけれど、それが日朝平壌宣言の
    流れの中で場合によっては日朝国交正常化へ結びついていけば、朝鮮
    総連の存在意義はすごく上がっていくと思う。

・松原ー今、国会で、自民党議員を中心にして他の政党も入って日朝正常化議連が
    出来て、それがあたかも日朝国交正常化を優先しろという、議連が
   「こっちの方が強いぞ」みたいなダブルトラックになろうとすることに対
    して、官邸も含めて危機感を持ったのは事実だと思う。官邸が関与して
    いるとは思わないけれど、一時は総連は全部が追い出されるんじゃない
    かというように彼らも思った時期があったにもかかわらず、結果として
    事実上彼ら(朝鮮総連)は居残っている。一番の危機は乗り越えたと
    思ってる可能性がある。だから、拉致問題の解決は、それはそれで極め
    て重要だが、拉致問題に関しては総連が事実上関与しているというのは
    国会の答弁ですよ。しかし、今の状況というのは、極めてデリケートで
    胸突き八丁で、一方においては、北朝鮮からの飛翔体が毎日のように飛
    んでいて、それに対して日本はもっと強く怒るべきタイミングであるけ
    れども怒らないでいるということも含めて、全部が総連にとっては良い
    感じになってきていると思っている可能性があると思う。
    (※この議員の発言は、とっても文字に起こしづらい。いい歳して、
    もっと言うことを整理して分かりやすくしゃべることができないのだろうか。
    イラつくゼ、ホント!!
( ̄(エ) ̄;))

・三浦ー朝鮮新報というのが確かに追い詰められてると考えてきたけれども、
    さっきの議連の人達は朝鮮新報という朝鮮総連の幹部の人を国会の中へ
    招いて参考人として話を聞いている。

・西岡ー40人の代議士が参加してる。~会長が衛藤征四郎(元副議長)、平沢
    勝栄(幹事長)、中谷元、朝鮮総連の現役の平壌特派員が帰ってきて
    講演したが「拉致事件は解決済みだ。」と堂々と言っていた。そこに、
    石破茂も居たし、田中均(外務省元局長)もいて(北朝鮮との)連絡
    事務所を作るべきだ、合同調査委員会を作るべきだと言っていて、
    石破はそれを自民党の総裁選で公約にした。自民党の総裁選挙の有力
    候補にまで公約を言わせるくらいの力を朝鮮総連(私は、対日工作
    統一戦線部と見た方がいいと思うけど)が持っているということを
    甘く見てはいけない。

・水島ーつまり、対日工作ということですね。この人達は、何人くらいなん
    ですか。役員は、日朝正常化議連ですか?40人くらいですか?

・西岡ーもうちょっといるんじゃないか。名簿は出ていない、役員の名簿は
    出ているが。

・松原ー今からかなり前なんだけど、北朝鮮へ国会議員が行こうという話が
    あった時期があって、私は絶対つぶさなければだめだと言ってね、
    亡くなってしまったが中井洽さんに「行くな」と言って随分言い合い
    ましたよ。やっぱり、そういうのが出てくると、、、。

・西岡ー衛藤征四郎さんが団長になって、自民党の野党時代だったけれど、
    大げんかになってホゾンマン(?)に誘われて訪朝することになっ
    てた。

・松原ー与党だった民主党へ電話して、「ダメだ、行っちゃ。」といって、
    かなり強引に(抗議を)やりましたよ。

・加藤ー朝銀破たんについて、おさらいみたいな感じで話したいと思う。
    若い方はあまりご存じない方が多いと思いますので。90年代後半
    から2000年代のはじめにかけて朝鮮総連が支配した朝銀信用
    組合が各地で破たんしまして、日本国民は一兆三千四百五十三億円
    払わされた。この数字は国会答弁で出てきた金額で、国民一人当たり
    一万円以上を払わされた。
    今、これをご覧になっている視聴者の方も全員被害者ですね。四人
    家族では、四万数千円払わされている。
     その取られたお金のかなりの部分が北朝鮮に送られて、核開発
    資金になってしまった。ただ、金額が大き過ぎて、皆ピンと来なく
    て国民世論が沸騰したということが無かった。むしろ金額がもっと
    少ない方がもっと怒ったんじゃないかと思うんです。今回、オモチャ
    の百万円を持って来たんだけど、百万円で厚さが1㎝の厚さがある
    んですよ。朝鮮総連に払わされた一兆三千四百五十三億円がどのく
    らいの大きさになるかというと、厚さが13.4㎞になるんです。
    高さで言うと富士山の何倍にも、エベレストよりも高いんです。
    横にすると端から端まで見ようと思ったら歩いて3時間かかるん
    です。それくらいのお金を払わされた。例えば仮に利息をカットして、
    元金だけでもいいとして考えると、一日五百万円ずつ返済させると、
    一日五百万円で737年もかかるんです。737年前というと元寇
    の頃です。後醍醐天皇が生まれる前位から返済してやっと今年終わる、
    そのくらいの金額を取られたんです。
     ところが、朝鮮総連はいまだに東京都内に百億円の土地を持って
    いる。朝鮮大学校の敷地なんですが、一万六千坪が朝鮮総連の関係
    の団体が所有していて無抵当で、不動産業者に調べてもらったとこ
    ろ約百億円の価値がある。すぐ近くには教職員寮があって、千百坪
    くらいで七億円くらいの価値がある。それ以外にも、ここに教科書
    を納めている学陽書房(?)という70周年になる朝鮮総連直系の
    会社があるんですけど、そこが板橋に立派なビルをもっているんだ
    けれどまったくの無抵当。そして、朝鮮総連本部。事実上買い戻し
    て堂々と使ってる。そういう状況なんです。こんなことやってて拉致
    問題が解決するはずがない。これは北朝鮮に対して『日本は甘い国です。
    すぐ何でも忘れますよ。
』と、『だから、拉致問題だって、
    ほっとけばそのうち忘れますよ。
とメッセージを我々の方で送ってしまって
    いる。

     この朝銀の問題に関しては、きちんとガツンと対応しない限り、拉致
    被害者は絶対に帰ってこないと思います。朝鮮総連に対して破産申し立
    てをすべきだと思います。このメリットはいろいろあって、拉致問題に
    ついていうと、拉致被害者を取り戻すために有力な交渉カードになる。
    交渉材料になる。破産手続きは途中でやめられる。法律上は、「廃止」
    というのだが、「拉致被害者を返すなら破産は中止してやる。」と言え
    るようになる。破産をいったんかけたものを中止させたら、北朝鮮側は
    国内的には大勝利で「安倍を屈服させた。」と宣伝できるし、拉致被害
    者の全員とは言わないまでも10数人程度は取り返せると思う。
    これについては、西村眞悟先生(元衆議院議員)からも力強い応援をい
    ただいている。何としても朝鮮総連を破産させて、それを交渉カードに
    拉致被害者を取り返すべきだと思う。

・松原ー前にも「ストックホルム合意を破棄しろ。」といったのだけど、北朝鮮
    側は日本人が本気で怒っているのなら、ストックホルム合意を破棄する
    だろうと考えていたと思っている。破棄しないということは本気で怒っ
    ていないと。朝鮮総連問題をこの程度で納めてしまったら、本気では
    ない。本気でやるとならば、不動産は法的手続きがあるとしても、動産
    の差し押さえくらいやってもいいんでないか、という議論がある。
   「あらゆることをやる。」と国会答弁で答えておきながら、結局は、動産
    の差し押さえなんかやっていない。いやがらせかもしれないが、それを
    やらなければならない。加藤さんがおっしゃったようなこういうことを
    やると。その上で、彼らも彼らの立場の中でこれをきちっと返すと。
    これだけで拉致問題が解決するとは思わないけれど、これはカードの
    一つとして全てのあらゆるものを動員するという事から考えれば、一つ
    の手法としてカードとなる。

・山田ー教えていただきたいのですが、そういう重要な点があるとすれば、それ
    を実行する時に、「破産申し立て」なりがあると思いますが、どういう
    人が実行(破産申し立て)する道があるか教えていただけたら。

・加藤ー朝鮮総連からの債権回収というのはRCCが今やっていまして、RCCと
    いうのは政府が100%支配する会社ですから、実際には安倍総理が
   「破産、じゃあやれ。」と言えば、RCCの方で即座に書類を提出して
    朝鮮総連は破産者になるということですね。
     実は、松原仁先生にこれに関して質問主意書を出していただいて、
    いろんなことが明らかになった。朝鮮総連への破産申し立ては
    可能である。(法人格は無いが、組織としての実態があるので破産の対象になる)
    総連幹部に説明義務が生じる。(不明朗な金の流れを追及できる。)
    総連幹部が逮捕される可能性(嘘をつく、妨害しても罪になる。黙秘
    権は無い。)
    総連は免責を受けられない。(破産と免責は、別物。)
    それから、破産を途中でやめることもできる。

・水島ーウィキペディアでの”日朝国交正常化推進議員連盟”の名簿を確認。
     衝撃的だったのは、朝鮮総連の現実が、我々は相当苦しめられて、
    追い詰められてるという話を聞いたと思うんですけれども、現実には
    もっと元気になってるんじゃないかと。
     ソフトな形で浸透とか、「対日統一戦線工作部」ですか。
    こういうものと一体になって、それと「チュチェ思想研究会
    の広がり。「アイヌ協会」とか、「オール沖縄」とかですね。
    ソフトな形で今、
    広がってる。かつての暴力とか何だかじゃなく、
    そういう形で広がっていると、これが日本の実態だということが皆さん良く
    わかったと思います。
     二時間目からは、具体的なことも含めて議論してみたいと思います。



ここまでで一時間分ですが、ご視聴ご苦労さまでした。

随分長くなりました。

文字起こしは、特に必要ないと思われるかもしれませんが、

語られている内容を後から確認しようとすると、
動画から探りなおすのはとても面倒なものです。

ですから、
念のために文字起こしをしています。

特に文章を中心に読んでいただく必要はありません。

読んでも疲れてしまうので、
確認のために使ってください。

今回は3時間の内の1時間分だけで中断します。

次回は、2時間目分をお送りします。

ではまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

令和二年 あけまして おめでとうございます
更新が遅くなってすみません。

奴らを呼ぶに相応しい言葉(呼称)が見つかりました。

もどき(=擬き)」です。

「がんもどき」、「人間もどき」というように、
「~もどき」とは、『そのものに似て、非なるもの』の事を言います。

ですから、
この言葉を「日本人に似て、非なるもの」という意味で、

「(日本人もどき」という意味でこれから使いたいと思います。

今後は、カタカナで「モドキ」と表しますので、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
(※もし、読者の方でこの表現をお使いになりたい方いらっしゃったら、どうぞ自由にお使いください。)



私は、
単に復讐心を燃やし、
感情的になって敵愾心を煽っているのではありません。

腹を立てて、暴力的になって、
興奮し、憤慨し、怒り狂って、

何も悪い感情を有していない罪無き人々を、
一方的に攻撃しようとしているわけでもありません。

そんな風に単純な位置づけにしてもらいたくはありませんし、
そんな風に考えてもらいたくはないのです。

一時期の個人的な怒りの感情で、
こういった行動を位置付けるべきではないと思います。

これは日本民族と朝鮮半島由来の人種の、
民族と民族の闘いであると位置づけているのです。

モドキを発見して特定し、社会から浮き上がらせ、
我が国から引き剥がして半島へ帰らせる。

おそらく、
見つけ出しても開き直ってしぶとく居座るだろうモドキを、
日本列島から片っ端から叩き出す。

根気のいる、息の長い、真剣でリアルな民族的な闘いと考えているのです。

日本国土の基本的浄化・駆除作業なのです。

「目の前にいる人物はとても優しい。」とか、
「誠実で、正直者だ。」とか、
「それなりに懸命に生きている。」とかいう問題ではないのです。

「その人物は本来的に日本に居るべき人間ではない。」という認識なのです。

時間が経つごとに事態はさらに悪化します。

子供は育ち、紛れて間違えて結婚する者達が増え、
日本語だけを覚え、仕事をし、わが国に根を張るのです。

国籍を取得し、権利を主張し、
平等を主張し、或いは、選挙に出馬し、
日本人だと胸を張るのです。

どこの街からどういう経緯で来たかわかない家族が、
ある日突然、何食わぬ顔であなたの隣に引っ越してくるのです。

まずは正しい歴史を知って、
正しい歴史認識を持たなければなりません。

今まで何があったのか本当の事を知らなければなりません。

今回は「朝鮮併合」というものがどういうものであったかを学ぼうと思います。

それほど長い動画ではありませんが、
内容が意味するところは驚くべきものがあります。

では、御覧ください。

日韓併合」時代の真実[桜H25/2/4]
:水間 政憲 氏(ジャーナリスト)・大高 未貴 氏(ジャーナリスト)
(話に登場する写真を自分でもしっかり見たいし、皆さんにもよく見ていただきたいと、この本を実際に”楽天”で買ってしまいました。(^.^)/ですから、写真をコピーして載せてありますので、じっくりとご覧ください。本文はさすがに著作権の関係で省きましたが、写真は動画の中でも紹介されているのでOKだと判断しました。写真は別画面に出ます。最初は100%位の拡大率が見やすいようですが、自由に拡大して見てください。<(_ _)>)

▶まとめ
・朝鮮人より日本国民に送られた「合邦希望の電報」が存在する。→参照写真
 一進会という親日団体の百万人以外にも、広くいろいろと聞いた結果、”合邦してもらいたい”という求めに応じて(併合した。)
・李王朝の方々を準皇族扱いまでした。王家を潰してもいない。→
・和食も朝鮮由来ではなく、女学校で教えていた。
・63ヵ所の神社があったので、神社には遺骨など置いてないことは知ってるはずなのに、靖国神社の遺骨を返せと主張している。
・はげ山にしたと言ってるが、はげ山をいかに砂防工事をして植林するかに努力をしていた。
・市民が憩う公園もなかったが、全て総督府が桜などを植林して創った。だが、起源は朝鮮だと言い張っている。
・立派な中央郵便局。文化財指定もできる程である。こういうものをたくさん造っている(京城郵便局)。→中央郵便局
・当時(明治45年代)日本の東北地方は、戊辰戦争の影響で資本投下をしなかったので、その分を北朝鮮地域へ8兆円以上、南朝鮮地域へ6兆円以上で、最低でも14兆円以上をつぎ込んでいる。
・野口コンツェルンだけでもダムや窒素工場だけでも巨大な工場群を造り、一社で14兆円以上をつぎ込んでいると言われている。
・漢江の大鉄橋。当時は、馬があっても道が無い状態の国柄だった。→
・外務省の統計によると、満州まで含めた残地資産、71兆円を放棄して引き上げてきている。
・残した財産で、近代化の工業(中国の新陽の工場で飛行機のエンジンを作っている。)を進めている。
・水豊ダム(=満州国と朝鮮総督府と野口コンツェルンが合同で作ったダム)の出力は、70万キロワットで黒部ダムの二倍の出力。→ダム
・広軌道(私鉄と国鉄併せて)を朝鮮半島に5千キロ敷設。5キロごとに駅があるとすると、千の駅を造ったことになる。プサンから北京まで鉄道で行けた。→
・日支事変が始まってお金が無いのに、鉄道局は昭和12年以降も終戦までにさらに千キロの延長線(単線の複々化など、市民の足になる縦貫鉄道。)を造っている。→鉄道路線図
・記録を残す文化がなかったので焚書し、朱子学や儒教が流行ったら仏像などは全部眼は穴を開けるわ、首をはねるわして、全て山に埋めてしまってた。それを掘り出して博物館に最初に展示していたのは日本人だった。
・立派な小学校(或は、女学校)が終戦時に5千校。都市部の学校は、だいたい小学校は3階建。郡部の小学校も立派だった。→
・何故これほどまでに朝鮮半島に資金を入れ込んだかというと、(併合の)承認をもらった時に列強に監視されている手前、日本人の名誉もあって、(列強に)後ろ指刺されないように(搾取するのではなくて)持ち出してインフラの整備をした。京城帝国大学→
・(文字を奪ったどころか)教室でハングルで授業が行われている。→教室の写真。また、(無理やり創始改名を強いたどころか)行列して日本名に変えたがっていた。奴隷制のために苗字が無い者が3割もいて、中国人を威圧するために日本人名にしたがった。→
・中国の刑罰も、朝鮮人への刑罰を日本軍人の蝋人形に変えて博物館に展示している。→
 また、裁判のやり方も直に土に座らせる状態から椅子に変へている。→、→
・遊郭があり、売春婦もいた。妓生(=慰安婦予備軍)学校も存在していた。→
・朝日新聞(→朝日)も毎日新聞→も支社を出していたので、当時の資料を大量に保有しているはずなのだが、、。
・朝鮮ウチワを作っている表紙の写真。→
・訳のわからない白装束で行う祈祷だとか新興宗教のカルト系の源流は、朝鮮半島から来ている。→

今回の動画ではっきりしたことは、
私達の国家は、一切、何も恥ずべきことなどしていなかったということです。

それどころか、
必要以上に、過剰に、かの国と民族に「施し」をしたのです。

その歴史を意図的にか、文化的特性からか、
はたまた人種的性向かは知らないけれども、

しらばっくれて、葬り去って、何も学ばずに、
今だに我が国を貶め、辱め、国を挙げて金品を要求し続けてきています。

これで「嫌韓」にならない理由があるでしょうか?

これで奴らを「差別」をしたくならない訳などあるでしょうか?

いや、こういう感情が「差別」だったり、
「ヘイト」だと呼ばれる筋合いが本来的にあるものでしょうか?


今回はこれくらいにしておきます。
では、次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

大切な事は、
寄生虫が大量に国内に潜り込んでると気付いた今、

これから、その解消のためにいったい何が出来るかということ。

最終目的は分かっています。

『可能な限り全員を、
 日本国内から本国へ帰国させること。』です。

この日本の現在の虫食い状態は、
1910年の韓国併合が大きな転機となったのでしょうか。

まだまだ勉強が足りていません。<(_ _)>

その後の終戦までの35年間に虫食いが急速に進み、

今回の動画で語られていますが、
戦後の混乱期にはさらに激しく数々の事件を起こす形で現在に至っているのでしょう。

日本という2千年超の国家にとっては、
たかだか100年余りの間に急激に起こった病虫害現象と言えると思います。

全員帰国させるという最終目的のために何が出来るかというと、

まずは、
国内的に多くの批判の声を上げて、
虫達が耐えられない程にしていく必要があります。

僕自身が辿って来た道でもありますが、
多くの日本国民に虫達に関する歴史的犯罪と事件、
日本潜入の経緯を周知させることが必要です。

それによって虫達が毛嫌いされ、
そういうプレッシャーを虫達が肌で脅威や恐怖としてビシビシ感じて、
日本国内の何処にいても居づらくさせる必要があるのです。

つまり、
厚かましく、平気な顔で日本人に紛れて、
何食わぬ顔で暮らしていられなくする必要があるのです。

今はまだ多くの日本国民が、
虫達が過去に何をしでかしてきたのか。

そして、
それをどういう風に誤魔化してきたのかが、
ほとんど知られていないし、知られないようにしています。

だからまず、
現在もまだそうした寄生、なりすまし、居座り、背乗りが依然として続いていることを、
広く国内に、明確に、知らしめなければなりません。

そうして、
虫達がいかにタチの悪い連中であるかという事を、
ハッキリと、しっかりと、広く国民に周知徹底するのです。

そうすれば自動的に自然発生的な形で、
嫌悪感情の強烈な高まりが生まれてきて、

国中で嫌韓・侮韓の感情と憎悪の機運が盛り上がって動き出し、
竜巻のように吹き荒れはじめるはずです。

そこまでがさしあたって現時点でわかるやるべき働きかけでしょう。

史実をできるだけ克明に洗い出し、

繰り返し確実な流布に努め、
日本国内の隅々にその事実を知らしめる。

そうすることが、はたして差別でしょうか? 
ヘイトでしょうか?

いえ、そんなことではありません。

それが今、確実に私達がしなければならない事柄です。

それがこのブログの役目であると位置づけましたので、
ブログの形も構成もその目的に沿った形で変わっていくでしょう。

時代が進み、
私達の孫やひ孫の時代になった時に、

かつて、
虫達が日本人のような顔をして平気で国の至る所に大量にはびこって、
国中が虫食い状態であったことが笑い話として語られる時代がくることを願って、

今できる最善の努力を執拗に粘り強く続けていきたいと思います。

どうか、日本人の皆さん、ご協力をお願いいたします。



これからこのブログでは、
順不同で史実の洗い出しをおこなっていくつもりです。

そして、
掘り起こした史実を学びながら時代ごとに並べて常掲していきます。

つまり、
いつでも閲覧できるように並べて、
いつでも簡単に確認できるようにします。

今回は、
その一回目として「終戦後すぐの事件」を取り上げました。

①村田春樹は語る!敗戦後朝鮮人はなにをしたか
昭和21年終戦以降のどさくさにまぎれた朝鮮人による暴行・暴動事件の数々。(2014/2/22公開)
(※村田春樹氏=著名な歴史研究家)
まとめ
※地名、人名、事件名などは調べた上で書きましたが、まだ間違いがあるかと思います。その点は、どうかお許しください。なお、かなりの事件が、ウィキペディア上で詳しく検索できますので、時間があったら調べて読んでみてください。本当にひどい事件ばかりです。
・昭和20年8月30日名古屋で少年殺傷事件が発生。脱獄し韓国へ逃亡し、50年後に免訴される。
・10月10日、豊多摩刑務所から共産主義者が釈放される(寺田?)。府中刑務所からも共産主義者が釈放される(徳田球一・志賀義雄・金天海=キムチョンヘ)
・10月15日、日比谷公会堂で朝連(朝鮮人連盟、後の朝鮮総連)が4千人の朝鮮人を集めて結成大会。トップが金天海。
・10月27日、秋田刑務所から、昭和天皇の暗殺計画を立てた朴烈が釈放される。後の民団の初代の団長。
・11月16日、建国青年同盟の結成(後の、民団)。鄭建永(=町井久之)がヤクザ東声会の親分となる。
・12月1日、代々木で第四回共産党全国大会開催。6800人中、朝鮮人が千人。
・12月24日、岡山県で拳銃強盗発生。神戸生田警察へ襲撃事件発生、GHQにより鎮圧。
・12月29日、新潟県直江津駅リンチ殺人事件、列車の窓ガラスを割って乗り込んだ朝鮮人3人が注意した日本人青年を暴行して殺害し逃走。
・昭和21年1月3日、富坂警察署襲撃事件、富坂警察署で朝鮮人80人が署内で乱暴し、逃走。
・1月9日、博打で捕まった朝鮮人を生田警察へ奪還に襲撃事件発生。その時、田岡一雄がいて、山口組第3代組長になる。
・1月24日、京都七條警察事件、朝鮮人700人が大乱闘し、50人が逮捕される。
・5月4日、日光中宮し(ちゅうぐうし)事件、旅館の帳場に盗みに入り、見つかって一家6人を殺害、朝鮮人二名が後に死刑。
・5月13日、長崎警察署襲撃、その後、交番二ケ所を襲撃した事件。
・7月20日、川崎六郷橋を警備してたMPの封鎖を突破し、民団を襲撃に行ったが、MPに100人が逮捕される。
・7月23日、長野県東条村で四人組強盗団が警察官を拳銃で射殺し逃走。
・8月15日、中京私設警察事件。朝連の私設留置場を民団が襲撃する。
・8月5日、富山駅前派出所襲撃事件。闇米取引を取り締まった警察官二人を朝鮮人30人が襲撃し暴行する。
・8月29日、熊本県一勝地村事件。農家に強盗に入り、一家6人を殺害した後、放火。
・8月17日、衆議院議員椎熊三郎が、国会で朝鮮人の現状について演説
・9月22日、新潟県坂町事件の一週間後、報道した「新潟日報」新聞社を襲撃した事件。
・昭和21年12月20日、首相官邸デモ事件。配給米要求デモが首相官邸に乱入し、警察官24人が負傷し、15人逮捕。
昭和20年の国内凶悪事件71万1千件。昭和21年の凶悪事件発生は、188万件に増えた。
昭和23年の府県別強姦事件発生件数(月平均)。石川県4件、滋賀県6件、山口県177件、大阪165件の発生。
・昭和22年3月15日、山梨県百田巡査殉職事件、偽警察官が巡査を射殺し、主婦を殴打し重傷を負わせる。
6月23日神奈川県税務署員、殉職事件。密造酒を摘発した税務署員を惨殺。
・9月10日、津別事件。網走群津別町で露店で金を払わない朝鮮人に対して、町人300人らも乱入して乱闘に発展した。
・昭和23年10月、会津破倉事件。3人組の窃盗団を逮捕。
・4月4日~、浜松事件。静岡県浜松市で起こった抗争事件。
・4月23日、阪神教育事件
・12月9日、宇部事件。山口県宇部市での警察隊を襲撃した事件。
・昭和24年、増田事件(?)密輸の摘発をめぐり200人が警察署へ押しかけた。
・12月2日、枝川事件、江東区枝川で、警察官二名が拉致されて暴行される。
・昭和25年4月7日、新潟県高田ドブロク事件。密造酒造りの取り締まりに反発して騒乱状態に。
・6月2日、福井県本郷村で福井県本郷事件。70人が派出所を占拠し、警察官に暴行した。
・6月30日、平事件。警察署に乱入して231人が逮捕される。、
・8月19日~20日、下関事件。朝連と民団が市内で乱闘・略奪を繰り広げ、市内が混乱に陥った。
24年9月8日,GHQは、朝連にたいして解散命令を出す。
・25年3月10日~20日、台東会館事件、台東会館(朝連資産)の明け渡しを拒否して抵抗したため、119人を検挙した。

◆朝鮮戦争勃発(昭和25年6月25日~昭和28年7月27日)

・昭和25年8月15日、岡山県で700人が集会を強行し、乱闘で警察官15人負傷し、逮捕される。
・11月20日~27日、長田区役所襲撃事件、税免除を求め区役所を襲撃、179人が逮捕される。
・昭和26年3月7日、王子朝鮮人学校事件、警察の捜査妨害の暴動で警察官28人重軽傷。
・3月21日、浅草米兵暴行事件、米兵1名が死亡。
・6月13日、神奈川県朝鮮人学校事件、500人が横浜市警察本部に集結し、大混乱となった。
金日成曰く、「朝鮮戦争で勝てなかったのは、日本国内で十分に跳梁できなかったのが敗因だ。」(→ 「日本国内を十分に混乱に陥れることが出来なかった。もっと混乱させれば良かった。」と。)
・5月13日、広島地裁被疑者奪還事件、裁判所で暴徒200人が放火犯4人を奪還したが、逮捕されていない。
・5月25日、高田事件、名古屋各所で同時多発的に派出所や米軍宿舎へ火炎瓶を投げ込んだ。
・5月25日、奈良県桜井町事件、奈良県で暴行障害の容疑で逮捕された朝鮮人の釈放を要求して襲撃事件を起こす。
・5月31日、奈良県警察官宅襲撃事件、約10人の朝鮮人が巡査部長宅を襲撃し、意識不明になる暴行を加えて逃走した。
・6月10日、島津三条工場事件、京都で祖国(=北朝鮮)防衛隊50人が工場へ押しかけアジ演説。警察が逮捕者を護送中にパトカーに火炎瓶を投げ込んで逃走する。
・6月24日、大阪府吹田事件、国鉄吹田駅構内などを石や竹、火炎瓶などで襲撃し、111人が起訴される。
・6月24日、枚方事件、工場を時限爆弾を爆破して襲撃した。人違いなどで火炎瓶で民家に放火。98人が検挙される。
・7月7日、名古屋大須事件、共産党と朝鮮人・祖国防衛隊が火炎瓶で攻撃、騒乱罪適用。
・7月12日、相馬ヶ原駐屯地事件、祖国防衛隊が駐屯地の爆破を計画していたとして410人の朝鮮人が捕まる。朝鮮へ強制送還されるが韓国が受け入れを拒否。日本へ再入国後に大村収容所へ入所させるも、即時釈放を要求して襲撃事件が発生する。
・11月26日、五所川原税務署襲撃事件、密造酒造りで検挙をきっかけに約60名の朝鮮人が税務署を襲撃して署内を占拠。
・昭和28年2月19日、別府市警察事件、泥酔して乱暴し、留置場内で死亡した朝鮮人の死因をめぐって抗議活動が起こった。
・昭和30年12月19日、東京都上十条二丁目交番襲撃事件、朝鮮人親子が工事用ダイナマイトを盗んで交番へ投げ込む。二名重傷。
▶『好きな民族・嫌いな民族』日本国民へのアンケート。昭和14年度、韓国5位 ~ 昭和24年度、韓国15位(最下位)。
昭和22年6月23日川崎税務所殉職事件、密造酒の取り締まりを指揮した端山豊蔵課長を集団でリンチして撲殺した事件。川崎南税務署内に慰霊碑が建っている。
・『群馬の森』(群馬県立都市公園)に、朝鮮人強制連行の慰霊碑という虚偽捏造の碑が建っている。(撤去について裁判になっている。)
・宮古島の公園にも侮日のために従軍慰安婦像(2008年9月7日)が建っている。


文字に起こしていると、ハラワタが次第に煮えくり返ってきます。

この頃から共産党も多くの事件で、
朝鮮人と行動を共にして数々の暴力事件を起こしています。

共産党が破防法の監視対象になった経緯も分かる気がします。

結局のところ、
朝鮮人に暴力と騒乱とによって社会を予想以上にかき回され、

敗戦の混乱の中で日本人が気落ちし弱腰だった時期に、
根負けして我慢してきたのが悪かったのかもしれません。

逆にそこが、
これからの私達の闘い所なのかも知れないという気もします。

気合いを入れて押し返さなければならないのです。

では、次回もよろしくお願いいたします。



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

何年も前から、
TVを見てる時も、外で人に会った時にも、

人を見る時は必ず、まず耳たぶから見ることにしています。

朝◯人が100%朝鮮耳ではないことは十分に承知していますが、
一番のわかりやすい点なので最初に確認しないと気が済みません。

そして、
耳たぶを意味もなく隠しているよう見える人間は、
まずは疑ってかかることにしています。

男性ならさらに、
「キノコのような刈り上げ、オカッパ髪をしてないか。」、
「若いくせにグレーや変わった色に髪を染めてないか。」

あるいは、
日本人はあまりしない「イヤリング」をしてないかを確認します。

更に、
目つきが独特のキツネのようではないか、
三白眼のように異様な感じがないかも確認します。

女性の場合はかなりわかりづらいのだけれど、
耳たぶと目の形だけは注意して見るようにしています。
(※この頃、やけに耳を隠した髪型を流行らそうとしている感じを受けます。)

目と顔が卵型の独特の形を感じる場合には、
その時点ですぐにそれ以上近づくのをやめます。

また、体型にも特徴があって、
日本人もこの頃の若い子はだいぶ足が長くなってきましたが、
座る文化が長かったせいかまだまだズングリしている感じがあります。

その点、
朝◯人はスラッとしていて足が長く、
全体にスリムな印象を受けることが多いです。

その結果、
「コイツは朝◯人かも知れない。」と思ったとしても、
別にそれを表情に出したり、口に出すわけではありません。

特に相手にそれと気づかれるような事は何もしないし、
けして誰にも自分のそうした思いをしゃべったりはしません。

ただ、
「黙って遠ざかる。」ようにするし、
「話をできるだけ早く切り上げる。」ように努めます。

そして、
「関わりを持つのをやめ、その店や場所へは二度と近寄らないようにします。」

それが静かな自分だけの日常的なルーティンです。

そのため札幌では劇団四季の公演に今後一切行く気はありませんし、
妻も観劇の話は全くしなくなりました。

何度も何度も繰り返し観察してると、
次第に独特の顔付きや雰囲気が見えてくる感じがすることがあります。

「やりすぎだ。」、「異常だ。」とあなたは思うでしょうか。

それとも、
「病んでいる。」とでもお思いだろうか。

穏やかで、争い事を好まないような方の中には、
こういうことを言うと不快な感じがする人がいるかもしれません。

しかし、
わかる分だけでも自分の力で排除したいのです。

分からずに相手を日本人と思って親しくなって、
仲良くなって信頼して、

日常的に関わる相手にしていくかと思うとゾッとするからです。

わかる分だけでも、
識別できる分だけでも、

自分で気づける分だけでも、
生活場面から関わりを削除したいのです。

今はネットで、
芸能界に巣食ってる朝◯人が次々と晒されているので、

気分が悪いけれど暇な時に眺めていると、
次第に顔つきの特徴的な雰囲気もわかってくるかもしれません。

どれだけこの国に朝◯出自の寄生虫がはびこっているかという現状を感じ、
嫌悪感を再確認することにつながるとは思います。

普段からそういった見分けようとする眼もしっかりと養っておくことも、
僕はとても大切な事だと思っています。

奴らはけして自分から「私は朝◯人です。」なんて言いませんし、
きっと名前も日本名を使っているでしょう。

流暢に、にこやかに、フレンドリーに、
日本語を話すでしょうけど、、、。

意味も無く媚びた笑顔を振りまき、
疑われないように日本人のように振舞います。

この国に潜りこんで出自を隠して寄生し、
進んだインフラを好き勝手に活用し、

衛生的で安全な日本食を味わい、
豊かな文化を満喫し、
進んだ医療や福祉の制度を利用し、

楽で快適で文化的な日本の暮らしのおこぼれにあずかって、
のうのうと生きていこうとしているク◯野郎でしかないのです。

誰が許したとしても、僕は許しません。

日本のために必死で生きてくれる朝◯人以外は全てク◯野郎です。

このブログでは正直に全てを語りますが、
外では僕は誰にも何も言いません。

でも、
この思いをこの先変えるつもりはないのです。

歴史を学べば学ぶほど、
この思いは日ごとに強くなっていきます。

これからの時代、
こういうブログが静かに続々と増えてくる事を願っています。

批判を恐れて良い人ぶった言い方をするつもりはありません。

「嫌いなものは嫌い。」、「嫌悪するものは嫌悪する。」と言って、
誰にはばかることがあるでしょう。

何を恥じることがあるでしょう。

「ヘイト」という言葉はただ単に「嫌悪する」という意味で、
そのこと自体が間違っているという意味はありません。

嫌悪してることは事実なので、
「ヘイト発言だ!」と言われようと「差別だ!」と言われようと、

「ハイ、だから何か?」と答えるだけです。

このことについて外では何も語りませんし、
議論や表立った活動も一切しません。

でも、
僕の感情を何一つ押しとどめたり、反省したり、
なだめることはもうできないのです。

今回は、普段の僕の胸の内を少し語らせてもらいました。

これからは、
ブログが対象としているのがどういう連中なのかはもう決まっている話なので、
いちいち◯を使って表記したりしません。
(※不適切ブログとしてバーン攻撃される恐れがあるためですが、いちいちメンドクサイですから。(^.^))

いずれ奴らに見合った“相応しい呼び名”が生まれてくることでしょうが、
今のところは差し当たって「(回)」という言い方でいきますのでご理解ください。



TBS社員への虫の潜入過程
(※この内容はもうかなり有名になっているものですが、削除攻撃が激しいので早めに読んでおいた方が良さそうです。)
  TBS在日朝鮮人による乗っ取りの歴史(転載)

「劇団四季」の団員はほとんど虫
  劇団四季に虫が湧く

「NHKが反日報道している理由」ー電通との関係(2018年1月7日公開)
  NHKと電通の関係

<まとめ>
・NHKは、2004年まで電通とライバル・敵対関係にあったが、海老沢会長の辞任後、電通(成田豊・韓国系)に乗っ取られた。
・電通は、傘下に文春・フジテレビ・TBS・テレ朝・日テレ・トヨタ・ANAなどといった企業を持つ。企業は電通を通してCMを流してもらうために電通の顔色をうかがう関係となっている。(電通が、民間放送の親玉化。)
・NHKは、お金の事を考えずに放送ができた。電通の成田豊は、日本人だが韓国生まれで、金で動く企業である。
・2004年(平成16年)7月から週刊文春(電通)のスキャンダルによる海老沢会長下ろし攻撃がはじまった。
・政治家よりTV局の方がはるかに強いので、TV局は政治を動かし政治家を作り出す力がある。
・職員に在日が多いからNHKが反日放送しているわけではなく、組織として上層部が韓国寄りであるために反日放送になっている。
・(私は)電通は実質的に韓国企業であると思っているが、そのためにTV(NHKも)は反日報道になってると考えている。



今後は、連中をあぶり出していく方策についても考えている事を書いていこうと思っています。

※なお、在日の歴史についてはお時間がありましたら、
このブログの過去の記事(2018/4/28)「朝鮮人が多すぎる!(1)」もご覧ください。
朝鮮人が多すぎる(1)

では、次回もよろしくお願いいたします。



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

◆アイヌ利権が続々発生中!

◆寄せ集めのアイヌの伝統・文化

アイヌ利権警ポスター2

 北海道だけではなく、全国各地で「アイヌの伝統文化を守る」という美名のもとに、公金にたかる利権構造が誕生しています。我々は騙されることなく、注意深く内容の根拠を検証し、精査・監視する目を養っていきましょう。(※オリンピック開会式などにも潜り込むことがすでに決定しているようです!)

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

あなたに紹介したいサイト・ブログ!!

※全て、サイト管理者の許可を得た上で掲載しております。

2015.7.18 reinstalled

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright ©国家の轍. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.