国家の轍  政治、経済、外交、教育、文化といった国のあり方についてのあらゆる面での素朴な疑問を基に色々と探っていきます。
01≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272802/ ≫03
何故、沖縄に韓国人がいるのか?
沖縄に関する3回目です。

今回は、我那覇(がなは)雅子さんの活動されている中から、
特に「韓国人」に関する部分を集めてみました。

現在、動画の必要な部分だけを抜き出す編集技術がマスターできていませんので、
いらない部分も多々入っています。

しばらくは必要ない部分も含めて貼り付けて関連部分の「時間」をお伝えしますので、
それで勘弁してください。

その点、面倒でしょうがよろしくお願いいたします。

▶2016年8月31日公開されたもの
 「真相深入り虎ノ門ニュース」から、20分27秒~26分47秒の部分をご覧ください。


▶2017年4月24日公開されたもの
全体をご覧ください。


なお、
我那覇さんは、沖縄の基地反対運動全般に関わって発言していますので、
韓国人に関わる部分だけを抜き出して集めるのはなかなか難しいところがありました。

そのため、
我那覇さん関連以外の動画で、
沖縄の韓国人に関する動画を探して貼り付けておきましたので、ご覧ください。

▶2017年3月22日に公開されたもの


このように、今の沖縄は韓国人が多数入り込んで活動しており、また、その他にも日本人の組織員が入り込んで、
活動をしている部分もあるようです。

しかし、
警察や機動隊は、一人一人が顔写真を撮られては組織内で回覧され晒され、自分の家族への脅迫まがいの攻撃も、
激しくなされているために思うように鎮圧行動に出られない、とも言われています。

沖縄の新聞二紙もそうした非合法な活動に同調して現状を伝えずに、活動を徹底的に美化し、隠蔽し、
応援・助長する記事ばかりを掲載していると言われています。(意図が全く分かりません。(-"-))

今回の沖縄の「なぜそこに韓国人がいるのだろう?」は、ひとまずこれで終了します。

次回は、
「中国人による、現代の日本侵略戦争」と題して、現状を掘り下げてみたいと考えています。



※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

スポンサーサイト
2018'02'11(Sun)08:34 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kaleidoscopeman.blog.fc2.com/tb.php/57-4d0383db
trackback