FC2ブログ

国家の轍

政治、経済、外交、教育、文化といった国のあり方についてのあらゆる面での素朴な疑問を基に色々と探っていきます。

◆注 意 喚 起 標 語◆

耳たぶ再画B

What time is it now?

最新記事

プロフィール

Kaleidoscope

Author:Kaleidoscope
 私達は、日々のメディアの報道やTV番組などによって、本当に正しい情報を得て、正しい国家像を描けているのだろうか。そうした素朴な疑問から出発して、より真実に近い日本の姿を少しでも自分なりに探っていこうとするブログです。
 一気にたくさんの話を進めても情報量が多くて混乱してしまいますので、少しずつ足元から進めていきます。博識の方々から見れば稚拙かもしれませんが、気長に付き合っていただけると嬉しいです。

カテゴリ

過去の全記事を表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

何年も前から、
TVを見てる時も、外で人に会った時にも、

人を見る時は必ず、まず耳たぶから見ることにしています。

朝◯人が100%朝鮮耳ではないことは十分に承知していますが、
一番のわかりやすい点なので最初に確認しないと気が済みません。

そして、
耳たぶを意味もなく隠しているよう見える人間は、
まずは疑ってかかることにしています。

男性ならさらに、
「キノコのような刈り上げ、オカッパ髪をしてないか。」、
「若いくせにグレーや変わった色に髪を染めてないか。」

あるいは、
日本人はあまりしない「イヤリング」をしてないかを確認します。

更に、
目つきが独特のキツネのようではないか、
三白眼のように異様な感じがないかも確認します。

女性の場合はかなりわかりづらいのだけれど、
耳たぶと目の形だけは注意して見るようにしています。
(※この頃、やけに耳を隠した髪型を流行らそうとしている感じを受けます。)

目と顔が卵型の独特の形を感じる場合には、
その時点ですぐにそれ以上近づくのをやめます。

また、体型にも特徴があって、
日本人もこの頃の若い子はだいぶ足が長くなってきましたが、
座る文化が長かったせいかまだまだズングリしている感じがあります。

その点、
朝◯人はスラッとしていて足が長く、
全体にスリムな印象を受けることが多いです。

その結果、
「コイツは朝◯人かも知れない。」と思ったとしても、
別にそれを表情に出したり、口に出すわけではありません。

特に相手にそれと気づかれるような事は何もしないし、
けして誰にも自分のそうした思いをしゃべったりはしません。

ただ、
「黙って遠ざかる。」ようにするし、
「話をできるだけ早く切り上げる。」ように努めます。

そして、
「関わりを持つのをやめ、その店や場所へは二度と近寄らないようにします。」

それが静かな自分だけの日常的なルーティンです。

そのため札幌では劇団四季の公演に今後一切行く気はありませんし、
妻も観劇の話は全くしなくなりました。

何度も何度も繰り返し観察してると、
次第に独特の顔付きや雰囲気が見えてくる感じがすることがあります。

「やりすぎだ。」、「異常だ。」とあなたは思うでしょうか。

それとも、
「病んでいる。」とでもお思いだろうか。

穏やかで、争い事を好まないような方の中には、
こういうことを言うと不快な感じがする人がいるかもしれません。

しかし、
わかる分だけでも自分の力で排除したいのです。

分からずに相手を日本人と思って親しくなって、
仲良くなって信頼して、

日常的に関わる相手にしていくかと思うとゾッとするからです。

わかる分だけでも、
識別できる分だけでも、

自分で気づける分だけでも、
生活場面から関わりを削除したいのです。

今はネットで、
芸能界に巣食ってる朝◯人が次々と晒されているので、

気分が悪いけれど暇な時に眺めていると、
次第に顔つきの特徴的な雰囲気もわかってくるかもしれません。

どれだけこの国に朝◯出自の寄生虫がはびこっているかという現状を感じ、
嫌悪感を再確認することにつながるとは思います。

普段からそういった見分けようとする眼もしっかりと養っておくことも、
僕はとても大切な事だと思っています。

奴らはけして自分から「私は朝◯人です。」なんて言いませんし、
きっと名前も日本名を使っているでしょう。

流暢に、にこやかに、フレンドリーに、
日本語を話すでしょうけど、、、。

意味も無く媚びた笑顔を振りまき、
疑われないように日本人のように振舞います。

この国に潜りこんで出自を隠して寄生し、
進んだインフラを好き勝手に活用し、

衛生的で安全な日本食を味わい、
豊かな文化を満喫し、
進んだ医療や福祉の制度を利用し、

楽で快適で文化的な日本の暮らしのおこぼれにあずかって、
のうのうと生きていこうとしているク◯野郎でしかないのです。

誰が許したとしても、僕は許しません。

日本のために必死で生きてくれる朝◯人以外は全てク◯野郎です。

このブログでは正直に全てを語りますが、
外では僕は誰にも何も言いません。

でも、
この思いをこの先変えるつもりはないのです。

歴史を学べば学ぶほど、
この思いは日ごとに強くなっていきます。

これからの時代、
こういうブログが静かに続々と増えてくる事を願っています。

批判を恐れて良い人ぶった言い方をするつもりはありません。

「嫌いなものは嫌い。」、「嫌悪するものは嫌悪する。」と言って、
誰にはばかることがあるでしょう。

何を恥じることがあるでしょう。

「ヘイト」という言葉はただ単に「嫌悪する」という意味で、
そのこと自体が間違っているという意味はありません。

嫌悪してることは事実なので、
「ヘイト発言だ!」と言われようと「差別だ!」と言われようと、

「ハイ、だから何か?」と答えるだけです。

このことについて外では何も語りませんし、
議論や表立った活動も一切しません。

でも、
僕の感情を何一つ押しとどめたり、反省したり、
なだめることはもうできないのです。

今回は、普段の僕の胸の内を少し語らせてもらいました。

これからは、
ブログが対象としているのがどういう連中なのかはもう決まっている話なので、
いちいち◯を使って表記したりしません。
(※不適切ブログとしてバーン攻撃される恐れがあるためですが、いちいちメンドクサイですから。(^.^))

いずれ奴らに見合った“相応しい呼び名”が生まれてくることでしょうが、
今のところは差し当たって「(回)」という言い方でいきますのでご理解ください。



TBS社員への虫の潜入過程
(※この内容はもうかなり有名になっているものですが、削除攻撃が激しいので早めに読んでおいた方が良さそうです。)
  TBS在日朝鮮人による乗っ取りの歴史(転載)

「劇団四季」の団員はほとんど虫
  劇団四季に虫が湧く

「NHKが反日報道している理由」ー電通との関係(2018年1月7日公開)
  NHKと電通の関係

<まとめ>
・NHKは、2004年まで電通とライバル・敵対関係にあったが、海老沢会長の辞任後、電通(成田豊・韓国系)に乗っ取られた。
・電通は、傘下に文春・フジテレビ・TBS・テレ朝・日テレ・トヨタ・ANAなどといった企業を持つ。企業は電通を通してCMを流してもらうために電通の顔色をうかがう関係となっている。(電通が、民間放送の親玉化。)
・NHKは、お金の事を考えずに放送ができた。電通の成田豊は、日本人だが韓国生まれで、金で動く企業である。
・2004年(平成16年)7月から週刊文春(電通)のスキャンダルによる海老沢会長下ろし攻撃がはじまった。
・政治家よりTV局の方がはるかに強いので、TV局は政治を動かし政治家を作り出す力がある。
・職員に在日が多いからNHKが反日放送しているわけではなく、組織として上層部が韓国寄りであるために反日放送になっている。
・(私は)電通は実質的に韓国企業であると思っているが、そのためにTV(NHKも)は反日報道になってると考えている。



今後は、連中をあぶり出していく方策についても考えている事を書いていこうと思っています。

※なお、在日の歴史についてはお時間がありましたら、
このブログの過去の記事(2018/4/28)「朝鮮人が多すぎる!(1)」もご覧ください。
朝鮮人が多すぎる(1)

では、次回もよろしくお願いいたします。



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。


※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト



◆アイヌ利権が続々発生中!

◆寄せ集めのアイヌの伝統・文化

アイヌ利権警ポスター2

 北海道だけではなく、全国各地で「アイヌの伝統文化を守る」という美名のもとに、公金にたかる利権構造が誕生しています。我々は騙されることなく、注意深く内容の根拠を検証し、精査・監視する目を養っていきましょう。(※オリンピック開会式などにも潜り込むことがすでに決定しているようです!)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

あなたに紹介したいサイト・ブログ!!

※全て、サイト管理者の許可を得た上で掲載しております。

2015.7.18 reinstalled

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright ©国家の轍. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.