FC2ブログ

国家の轍

政治、経済、外交、教育、文化といった国のあり方についてのあらゆる面での素朴な疑問を基に色々と探っていきます。

◆注 意 喚 起 標 語◆

耳たぶ再画B

What time is it now?

最新記事

プロフィール

Kaleidoscope

Author:Kaleidoscope
 私達は、日々のメディアの報道やTV番組などによって、本当に正しい情報を得て、正しい国家像を描けているのだろうか。そうした素朴な疑問から出発して、より真実に近い日本の姿を少しでも自分なりに探っていこうとするブログです。
 一気にたくさんの話を進めても情報量が多くて混乱してしまいますので、少しずつ足元から進めていきます。博識の方々から見れば稚拙かもしれませんが、気長に付き合っていただけると嬉しいです。

カテゴリ

過去の全記事を表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ヴェノナ文書についての第二弾です。

今回は特に、文書自体よりも終戦後の日本における、
コミンテルンの実際の影響についてスポットを当てて調べてみました。

シリーズ 第一回「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」
江崎道朗氏と上念司氏の対談。

・コミンテルンの活動は、いまだに続いている。
・彼等は「平和・資本主義はダメだ・格差社会が~。」と言うが、実は解決策を持っていない。弱者切り捨ての政策に過ぎない。
・戦前の日本の構造は、庶民の日本と、エリート(①右翼全体主義者)・(②保守自由主義者)・(③左翼・コミンテルン)の日本の対立構造であった。
・スターリンが、日本の共産スパイへ「中国・アメリカとの戦争を煽れ」と指示を出した。
・コミンテルンとは、スローガン(「格差社会」・「不況の来ない社会」・「資本主義の限界を打破」)は叫ぶが、やり方・解決策を一切知らない者達。

シリーズ 第二回「コミンテルンの謀略と日本の敗戦~朝日新聞の手の内をバラす!」
江崎道朗氏と上念司氏の対談。

・右翼全体主義者→愛国ボルシェビキ→アホ(?)→宮沢俊儀→・・・・・・・・・。
・共産党はお互いに議論をさせないし、できない。
・共産主義を学ぶことはするが、それについて議論すると、政策的には自分達が無策であることが明らかになってしまうので、互いに議論はさせない。
※お二人の話が専門的過ぎて、コミンテルンの影響があったということ以外は、僕にはあまりよくわかりませんでした。スミマセン<(_ _)>

シリーズ 第三回「コミンテルンの謀略と日本の敗戦~経済政策の誤りが国を滅ぼす!」
江崎道朗氏と倉山満氏の対談。

・戦前のエリートが、経済をわかっていなかった。(井上準之助)
・経済政策を間違って、結局コミンテルンの謀略を応援することになってしまうことの方が問題である。
・戦前の経済オンチが国を滅ぼした流れが今も続いていて、戦後には社会党左派となり、民進党とか共産党へとつながっている。
・コミンテルンの恐ろしさよりも、こちら側の不勉強の方が恐ろしい。(勉強することが、国を守ることにつながる。)
※この動画もなかなか専門的なお話が多くて、完全に理解することが難しかったです。
ただ、「不勉強のくせに批判しやすい相手だけを選んで批判を繰り返していても無意味で、(共産党に対する)しっかりとした理解と真っ当な政策を提言できるほどの経済に対する確かな勉強をしていなければならない。」という最後の方のご意見は、しっかりと胸に響きました。

シリーズ 第四回「コミンテルンの謀略と日本の敗戦~世界を壊したウッドロウ・ウイルソン」
江崎道朗氏と倉山満氏の対談。

・「ウッドロウ・ウイルソン」が第一次大戦を使ってヨーロッパをグチャグチャにして、その間隙をぬってレーニンが台頭し、ソ連を作り上げさせてしまった。
※あまりに内容が濃すぎて、上のようなことしかよくわかりませんでした。スミマセン<(_ _)>




ヴェノナ文書から随分と離れた流れになってしまいましたが、結局のところ、共産党やコミンテルンという組織が世界政治の中でどのような存在だったのかが少しだけ浮き彫りになったような気がします。

今回の動画でも、「共産党」というものに対する興味や関心、疑問が大きくなってきました。

そのため、次回以降は、「共産主義・共産党」というものを調べていきたいと思います。
色々なところに出てくる共産党という連中が、一体どういう連中なのかをもっと正確に知りたくなりました。

何回シリーズになるかわかりませんが、
ちょっと気合をいれて調べてみます。ご期待ください。(^.^)/~~~

今回は、ここまでです。

御視聴、ありがとうございました。

4月29日、5月1日と、例によって「日の丸」を玄関先に掲げます。ヽ( ̄(エ) ̄)ノ



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。




※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト



◆アイヌ利権が続々発生中!

◆寄せ集めのアイヌの伝統・文化

アイヌ利権警ポスター2

 北海道だけではなく、全国各地で「アイヌの伝統文化を守る」という美名のもとに、公金にたかる利権構造が誕生しています。我々は騙されることなく、注意深く内容の根拠を検証し、精査・監視する目を養っていきましょう。(※オリンピック開会式などにも潜り込むことがすでに決定しているようです!)

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

あなたに紹介したいサイト・ブログ!!

※全て、サイト管理者の許可を得た上で掲載しております。

2015.7.18 reinstalled

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright ©国家の轍. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.