国家の轍

政治、経済、外交、教育、文化といった国のあり方についてのあらゆる面での素朴な疑問を基に色々と探っていきます。

What time is it now?

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

Kaleidoscope

Author:Kaleidoscope
 私達は、日々のメディアの報道やTV番組などによって、本当に正しい情報を得て、正しい国家像を描けているのだろうか。そうした素朴な疑問から出発して、より真実に近い日本の姿を少しでも自分なりに探っていこうとするブログです。
 一気にたくさんの話を進めても情報量が多くて混乱してしまいますので、少しずつ足元から進めていきます。博識の方々から見れば稚拙かもしれませんが、気長に付き合っていただけると嬉しいです。

カテゴリ

過去の全記事を表示

2回目の今回は、
犯罪傾向との関わり方を探して掘り起こしました。

「坂東 忠信」氏というその道の専門家の方のお話をご覧いただきます。

多少まどろっこしいところもありますが、
はじめて概観するには良いスピードかと思います。

これまた時間がかかりますので、
気長にゆっくりとご覧ください。








このシリーズの第5弾は、
移民一般の話になっているので割愛しました。

次回は、
「在日特権」について特集します。


※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。



※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ
スポンサーサイト

※こん回の動画シリーズの【その2】が見つかりましたので、
それを挿入して再アップし直しました。
なぜこの動画がすぐに見つからなかったのかはわかりませんが、
どうかご覧ください。 


なぜ日本には、
こんなにたくさんの「朝鮮人」がいるのだろうか?

確かに「朝鮮」は隣国で距離も近いのだが、
それほど昔から両国民が仲が良くて、

人間や文化の交流が盛んに行われてきたということでもなさそうなのだが、、、。

近年、私自身も大阪へ行った時に感じたのだが、

大阪では気味が悪いほど多くの朝鮮人が、
当たり前のように我が物顔で街中を闊歩している。

私達は、
朝鮮という国のことも、
朝鮮民族のこともあまりよく知らない。

いろいろな噂は聞くけれど、
何がどこまで本当なのか正直なところわからない。

我が国に、何故、
朝鮮人が我が物顔でこんなにたくさんいることがまず素朴に疑問に思うのだ。

それで今回は、
「我が国に朝鮮人が多数住み着くことになった原因・理由・歴史」を探ってみたいと思います。

「朝鮮人」と一言でいっても、
日本にいる朝鮮人の種類には何種類もあるそうだ。

ではまずは、
この三つの動画を見ていただきたい。
(※シリーズの第2弾が、どうしても見つけられませんでした。<(_ _)>)

かなり長い動画ですので時間がかかりますが、
かなり詳しくわかるものです。

※まとめ
・なぜ日本にきたのか。
・在日の人口の推移。
・日本政府の対応の経緯。
・どうやって渡航してきたか。
・なぜ日本に残ったのか。


※まとめ
・日本人が主催しているいろいろな活動がある。
・犯罪の裁判記録は残っている。
・戦後、朝鮮人を嫌いになった理由と、殺された日本人の碑。
・生活保護の獲得の経緯。
・朝鮮総連の過去。
・裁判記録の掘り起こしの必要性。


※まとめ
・駅前の土地の所有者が多い。
・共産党や米国との関係。
・李承晩の役割。
・大学の人材登用。
・日本人の民意の特質。
・移民問題との関わり。
・暴力団との関わり。


※まとめ
・在日特権について。
・竹島占拠に関わる歴史的経緯。
・日韓基本条約と永住問題。
・二十五年ルール(平成3年5月)と特別永住権。
・生活保護世帯数。
・移民問題。
・メディアとイデオロギーの関係。(※ここの内容については、私は多少の疑問を感じます。)


この他にも見ていただきたい動画はたくさんありました。

しかし、
一回で全てを見ていただくには相当の疲労を伴います。

今回を一回目として、二回目以降も企画しますので、
今回はこれくらいにしておきます。

次回以降もよろしくお願いいたします。



※当ブログでは、YouYubeの動画を多用していますが、それには理由があります。
ご覧いただいてる方の中には、『自分の思いや考えをたいして書かずにYouTubeの動画を多用して、”他人の褌で相撲を取ってるだけ”』と不愉快に思う方もおられるかと思います。
 しかし、単なる一般人の私が、聞きかじった生半可な知識を基に自分の考えをいくら力説したとしても、おそらく何の説得力もあるとは思えません。
 このブログの一番大事な趣旨は、「重大な事実を一人でも多くの方に伝える。」ことだと考えています。
そのためには、名の知れた専門家の方がお話ししている動画を直接見ていただいた方が、
真実味も説得力もあって、確実に知識を拡散する効果が期待できると判断したためです。
 著作権などの問題については、YouTubeの利用規約について問い合わせました。
その結果、『意図的に広告収入を得ようとするだけのウエブサイトでの利用は、利用規約に違反している。』ということでした。そのため、自分の利益を誘導するためだけに利用するのでなければ問題はないと判断をいたしました。
 当ブログは広告を一切掲示する気はありませんし、今後もその予定はありません。
従って、閲覧数がいくら増えたとしても私の利益にはつながりません。
 つまり、このブログは、拡散型ブログという形を取っているのです。
今後もその意味で、価値のある動画を懸命に掘り出して見ていただくように努めますので、どうかよろしくお願いいたします。



※甚だ稚拙(ちせつ)ですが、自分の国のことを少しでもしっかりと見つめて、
より正しく理解ができるようになっていきたいと思っています。
一緒にいろいろなことを探っていきませんか。

下のマークをクリックしていただくと、
このブログを応援していただくことになるのと同時に、
関連するいろいろなブログを見ていただくことができます。
どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 政治ブログへ      
FC2 Blog Ranking    にほんブログ村     社会・経済 ブログランキングへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

大好きなブログのご紹介

※全て、サイト管理者の許可を得た上で掲載しております。

やっとイメージに合うテンプレートを見つけました(^.^)/~~~

 画面の操作や文字を見やすくするために、新しい絵柄に変更しました。和風で、デザインはお日様なのですが、どこか日の丸にも似ていて、このブログには良く合う気がします。度々の変更、恐縮です。これからもどうぞよろしくお願いします。 <(_ _)>

2015.7.18 reinstalled

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright ©国家の轍. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad